クロロの能力が判明!ハンターハンター11巻後半【感想・ネタバレ】

ハンターハンター11巻 HUNTER×HUNTER
ハンターハンター11巻より
スポンサーリンク

この記事では、僕の大好きなHUNTER×HUNTERの感想と考察を書いています。

漫画を読むのが面倒くさい方はサクッと読んでみてください。

この記事はネタバレを含みます。

ハンターハンター感想・ネタバレ

1巻2巻3巻4巻5巻6巻
7巻8巻9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻17巻18巻
19巻20巻21巻22巻23巻24巻
25巻26巻27巻28巻29巻30巻
31巻32巻33巻34巻35巻36巻

ハンターハンター11巻後半【感想・ネタバレ】

前回は、クロロとゼノとシルバが軽い肉弾戦ぶつかったところで終わった。

後半では能力を使った戦闘が行われていく!(って言ってもそこまで使わないけどね。)

宮本
宮本

じゃあ、後半も見ていこう!

ハンターハンター11巻後半①:盗賊の極意

肉弾戦でお互いの力量を計り、ついに念能力でのバトルを繰り広げることになる。

展開が既に熱い!

こっからどうなるの!?

ハンターハンター11巻より
宮本
宮本

実はこのシーンを描いたことがある。(クソ下手だけど)

(ふざけんな)

バトル漫画の楽しい部分として、お互いの能力を出し合う瞬間が挙げられると思うんだけど、ハンターハンターでは、クロロの能力は一際それが強調される気がする。

どんな能力を出してくれるのか、またどんな組み合わせで戦うのか。

クロロはそんなワクワク感をたくさん見せてくれる。

ハンターハンター11巻より

クロロと戦う相手は出す能力に対応しないといけないので、ある程度の洞察力・能力の汎用性がないと話にすらならない。

その点、ゼノの能力はあらゆる場面で融通が効くし、どんな能力を出そうとも長年の経験から、ある程度の予測を立てられるのは強い。(クロロにとっては厄介極まりないだろうけど。)

それに加えて、後ろにはゼノよりも強いかもしれないシルバも控えている。

そして、少しの動きだけで、相手の状況を把握するゼノはやっぱり作中でも屈指の能力者だ。

クロロもゼノの実力をしっかり感じ取っている。

生け捕りは無理だと判断したクロロは戦略を変えることにした。

この状況で、ゼノの能力を奪おうと考えることが常軌を逸している。

一方、シルバもクロロの能力を分析しつつ、実力をしっかり見極めていた。

かなりの高評価を得ている。

この戦いはハンターハンターの世界観でもかなりハイレベル。

雑魚が入り込む余地はない。

そして、ゼノが一瞬のスキを見て、クロロを捉える。

ハンターハンター11巻より

ゼノは自分の命を賭して、シルバに攻撃するように指示を出す。

これは、シルバの攻撃力を信頼しているとも取れる。(これは考察の余地あり)

シルバの能力は1ミリも公開されてないけど、どんな能力なんだろう?

ハンターハンター11巻より

ゼノの顔w

これだけのオーラを手に集中させるには相当の鍛錬が必要なのは作中を通して、よく分かる。

ただ、オーラが球状になってるのは能力?放出系の能力も若干含まれてそう。

「殴る」といったゼロ距離攻撃ではなく、5mぐらいの距離からでも放てるっぽい。

(結論:結局能力は分からん)

ハンターハンター11巻後半②:予想外の決着

シルバの攻撃により、爆発のような衝撃がビル全体に伝わる。

たびたび起こる騒音にマフィアたちは動揺を隠しきれていなかった。

確かに自分のいるビルで爆発みたいな衝撃があったり、とんでもない化物がいるって思ったら怖いよね。

要するにみんな怖いんだ。

しかし、マフィアたちのトップオブトップと連絡がついたことにより、皆の混乱が収まる。

ハンターハンター11巻より

流石、トップオブトップ!

風格が騒いでた雑魚たちとは全然違う。

と思いきや・・・

人は案外、簡単に騙される。(これは現実でも同じ)

実は、クロロの依頼により、十老頭はイルミによって暗殺されていたのだ。

ハンターハンター11巻より

(こんなまち針みたいに刺さんでもええやろ・・・)

そして、ゾルティック家の依頼主である十老頭が死んだ以上、ゼノとシルバに戦う理由はなくなった。

戦うのをやめる二人を見て、「意外だな」と呟くクロロ。

それ受けて、ゼノもシルバもタダで『殺し』はしないと返す。

彼らにとって、あくまで『殺し』は仕事。

なので、確実に殺すのと同じぐらい『殺さない』ということも非常に重要なのかもしれない。

ゼノの去り際にクロロは「オレとアンタサシで戦ったらどっちが勝つか」と質問する。

恐らく、相手が自分との力量を正しく把握しているのか確認したかったんだろうね。

この戦いにどれだけの打算が裏にあったのか・・・

そして、クラピカの予想に反して、競売は始まってしまう。

しかも、最悪の形で・・・

競売が開かれたということは旅団の死を意味する。

その事実を知り、クラピカは酷いショックを受けた。

そこへゼンジがちょっかいをかける。

ハンターハンター11巻より

(そら、殴られるわw)

死んだ・・・?

ハンターハンター11巻後半③:復讐の果て

クロロの死体(フェイク)を目の当たりにしてショックを受けた様子のクラピカ。

ハンターハンター11巻より

コルトピ』の能力でボロボロの姿で作られたクロロと他のメンバー。

悲願であったはずの旅団の死を何故か受け入れられないクラピカ。

きっと復讐のためだけに生きてきたクラピカにとって、旅団はある意味『生きる目的』でもあった。

それが突然、失われたことは喜びよりも喪失感の方が大きかったのかもしれない。

というより、そもそも復讐を人生の目的にしていること自体が喪失の始まりなのかもしれない。

予想外の競売で最後の品はクラピカの2つ目の目的である『緋の目

なんとしてでも競り落としたいが、ゼンジの邪魔が入り、値が29億まで吊り上げられた。

オークションの帰り道、執念深き男(ゼンジ)がクラピカの行手を阻むが・・・

ハンターハンター11巻より

分かる、分かるよ!

そういう時あるよね!うんうん!

なんだか破壊衝動に駆られる時。

でも、そんな目はしたことない。

その後、ゼンジの姿を見たものはいない・・・。(多分、普通に生きてる)

落ち込むクラピカへ、ヒソカが連絡をするが電源が入っていないため『死体はフェイク』という情報が伝わることはなかった。

ハンターハンター11巻後半④:異質の中の異質

旅団メンバーのことを探ろうとするマフィアたちだが、どんなに調べても一切のデータが出てこない。

この事実は旅団に報復をしたいマフィアにとっては、非常に厄介。

何故なら、データが一切ない事実は『流星街』出身ということを示唆しているからだ。

流星街』の人間は異質の集まり。

ほんの些細なことでさえ、簡単に命を投げ出す報復に出る。

ハンターハンター11巻より
宮本
宮本

僕もそう言うね。

つまり、『流星街』という地域は常識が一切、通用しない。

その流星街の中でも、更に異質な存在が幻影旅団クモという存在。

役目を一通り果たしたクラピカは、やっとゴンたちの前に姿を現す。

ハンターハンター11巻より

ゴンの前向きな発言と二人の行動にクラピカに笑顔が戻る。(クラピカのこんなに穏やかな笑顔は初めて)

宮本
宮本

ちなみに旧アニメオリジナル演出として、レオリオの気持ち悪い登場シーンもここではあるぞ!

ハンターハンター11巻後半⑤:クラピカの秘密

クラピカと合流したゴンたちは、クラピカがクモを倒すことのできた秘密を知る。

その秘密とは『制約と誓約

ハンターハンター11巻より

つまり、クラピカの能力は誰にでも強いわけではなく、旅団限定で凄まじい能力を発揮する。(十分、めちゃくちゃ強いけどね)

ちなみに、この能力の秘密を教えることでのメリットは一切ない。

実はクラピカ自身も能力の秘密をゴンたちに話した理由がハッキリと分かっていない。

しかし、クラピカの能力の秘密を知ってしまったキルアは焦る。

旅団は全滅していないからだ。

旅団には、まだ人に触れるだけで相手の情報を盗み取ることができる『パクノダ』が残っている。

秘密を明かすのは危険だと説明し、旅団に特化した能力を持つクラピカがいるうちに、旅団を叩こうと説得するキルア。

(というのは建前で、本音は旅団を捕まえて20億ジェニーゲットだぜ)

ハンターハンター11巻より

クラピカが返答をする前に旅団側にシーンが変わる。

どうやらメンヘラ男(ノブナガ)は鎖野郎を見つけるまでは帰らねーと駄々をこねてるらしい。

それに対して、クロロは質問に答えろとノブナガに告げるところで11巻は終わる。

いったい!?

ハンターハンター11巻後半【感想・ネタバレ】 まとめ

やっぱり、クロロVSゾルティック家の戦いはいつ見ても最高!

書いててもワクワクするし、改めて読んでみてもやっぱりいい!

また、なんていうか決着も良いというか、あれだけ派手にバトってて、あっさり終わる感じが僕は好き!

お互い私怨で動いてないというか、戦う理由がなくなったらやめられるあたりに器の大きさを感じる。

一方で、ノブナガの器の小ささを感じずにはいられない。

12巻以降から更に話が複雑になる。

解説にもより一層力が入る!

宮本
宮本

HUNTER×HUNTERはやっぱり神漫画だぁ

コメント

タイトルとURLをコピーしました