出番少なめ!レオリオ=パラディナイトについて徹底解説&考察

レオリオ HUNTER×HUNTER
レオリオ
スポンサーリンク

ハンターハンターが大好きで、ずっと読み続けている僕が『レオリオ=パラディナイト』について徹底解説&考察していくぞ!

この記事を読めば、レオリオの全てが理解できる。

ハンターハンター感想・ネタバレ

1巻2巻3巻4巻5巻6巻
7巻8巻9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻17巻18巻
19巻20巻21巻22巻23巻24巻
25巻26巻27巻28巻29巻30巻
31巻32巻33巻34巻35巻36巻

レオリオ=パラディナイトについて徹底解説

ハンターハンター 12巻
ハンターハンター 12巻
レオリオのプロフィール
  • 年齢:19歳
  • 性格:大雑把・短気
  • 誕生日:4月4日
  • 身長:193cm
  • 体重:85kg
  • 血液型:O型
  • 念系統:放出系(?)
  • 能力:殴った衝撃を離れた場所に届ける(?)

レオリオについて①:性格

ハンターハンター8巻
ハンターハンター8巻

レオリオの性格は、作中屈指の人間味溢れる性格だ。

少し短気なところはあるが、現実にはもっとキレやすいタイプもいるから、それに比べればレオリオは良心的(?)。

13巻では、センリツから「誰よりも良い心音がする。ゆるやかで広がりがあって、あたたかい音」とまで言われた。

ただ、1巻でおばあちゃん殺そうとしてたけどw

仲間思いで、どんな人間にも気兼ねなく接する。

特におっさんとはすぐに意気投合し、ゼパイルやモラウとは割とすぐに親しくなっていた様子。

余談だが、旧アニメ版ではゴンに初対面で懐かれ、振り払おうと結構な嫌がらせをしていたw

レオリオについて②:医者を目指す理由

レオリオは幼い頃、親友を病気で亡くした経験がある。

病気は決して治せないものではなかったが、治療するためのお金がなかったため、帰らぬ人となった。

その経験からレオリオは、お金がなければ命を助けることさえできないと学び、お金持ちの医者になって同じ病気の子供をタダで治すのが目標となる。

ただ、照れくさいのか医者になる動機はあまり言わないので、レオリオのことを表面だけ知っている者は浅ましい金の亡者に見えるだろう。

レオリオ=パラディナイトについて徹底考察

正直、レオリオに関して考察する要素があまりない。

ゴンキルアクラピカと4人の中では、些か待遇が悪いように感じる。

今後の活躍に期待したいが、恐らく今まで通りの活躍に終わってしまうだろうと僕は予想している。

理由は、後半に記述。

レオリオについて考察①:念能力

ハンターハンター31巻
ハンターハンター31巻

レオリオは念が使えるものの、能力名はおろか、念系統すら作中で語られてはいない。

一応、ハンター協会公式発行のハンターズガイドでは、放出系と記載されている。

ただ、レオリオの性格とジンを殴った時の能力を見ると、放出系で間違いなさそうだ。

能力名は不明で、33巻のジン曰く「医者志望で触診と打診の試行錯誤を繰り返した結果の能力」らしい。

せっかく、31巻で初披露されたが、ジンがあっさり上位互換で真似してしまったため、相対的にレオリオの評価は下がってしまった。

レオリオについて考察②:強さ

レオリオの強さは今のところ、ハッキリしていないがヒソカがハンター試験で合格と言っていたことや、ジンが伸びしろデケーと言っていたことから、素質はかなりあるようだ。

ただ、ヒソカゴンキルアに執着しているのと、年齢を考慮すると1000万人に1人の才能とまでは言えないのかもしれない。

それにレオリオは医者志望のため、戦闘に特化した能力ではなく医療に関係する能力にするはずなので、純粋な強さでは測れないものがある。

医師として早く目覚ましい活躍を見たいものだ。(誰やねん)

レオリオについて考察③:レオリオがあまり活躍しない理由

ハンターハンター13巻
ハンターハンター13巻

ゴン・キルア・クラピカと比べると、レオリオの活躍が薄いように感じないだろうか?

僕は感じた。

念能力も地味だし、特に何もできないし、レオリオ可哀想・・・

なんて勝手に思っていた。

だけど、レオリオはこれからも今まで通りの活躍しかしないと僕は考察している。

その理由は冨樫先生だ。(何がやねん)

ここからは更に想像に依るが(クロロ風)、冨樫先生はレオリオを『普通の人間』に近い状態で保ちたいのだと思う。

ゴンもキルアもクラピカも全員人間離れしすぎていて、読者を置き去りにしてしまう傾向にあり、レオリオはブレーキの役目を果たしている。

そして、異次元から来たのかというほど曲者揃いの継承戦では、レオリオはブレーキ役である方が逆に目立つのだ。

少し想像して欲しい。

もし、あなたがハンターハンターの世界に入ったとして、全然強くもないのに継承戦に巻き込まれたらどうするだろう?

きっと怖くて仕方ないはずだ。

周りは死ぬことすら厭わない人間ばかり・・・

そこにレオリオのように、ちょっと見た目は怖いが普通の人間がいたらホッとしないだろうか?

冨樫先生はそれを狙っているのだと思う。

だから、レオリオは今後もこれまで通り、あまり活躍できない。

それで良いのだ←

レオリオ=パラディナイト徹底解説&考察 まとめ

最後に補足として付け加えると、レオリオはちゃんと活躍している。

ゴンキルアクラピカが異常なだけだ。

という意味では、各キャラクターがしっかり仕事をしている。

後は冨樫先生が仕事をすれば、何の問題もない←

コメント

タイトルとURLをコピーしました