ターゲットは幻影旅団!ハンターハンター10巻前半【感想・ネタバレ】

ハンターハンター10巻 HUNTER×HUNTER
ハンターハンター10巻より

この記事では、僕の大好きなHUNTER×HUNTERの感想と考察を書いています。

漫画を読むのが面倒くさい方はサクッと読んでみてください。

この記事はネタバレを含みます。

ハンターハンター感想・ネタバレ

1巻2巻3巻4巻5巻6巻
7巻8巻9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻17巻18巻
19巻20巻21巻22巻23巻24巻
25巻26巻27巻28巻29巻30巻
31巻32巻33巻34巻35巻36巻

ハンターハンター10巻前半【感想・ネタバレ】

さてさて、前回はウヴォーが捕獲完了☆されたところで終わったけど、果たしてウヴォーはクラピカの鎖で断ち切れるのか!?

早速、見ていこう!

ハンターハンター10巻①:断ち切れぬ絆!?

ハンターハンター10巻より

ウヴォーが100%の力でやっと当てたパンチで折った腕もなんと、反則級の能力『癒す親指の鎖ホーリーチェーン』で即時完治させてしまうクラピカさん!

ウヴォーも少しショックを受けてる様子だった。(知らんけど)

で、最初にウヴォーを標的にした理由を語りだすクラピカさん。

めちゃくちゃ分析され当たってる挙句、クラピカの思うようにことが運んでいることは、百戦錬磨のウヴォーからすると屈辱だろうな。

でも、実は戦闘に向いている強化系だけど、具現化系か操作系には負ける可能性が高いってクロロも言ってたから当然の結果といえば当然なのかも?

その上、強化系も100%引き出せるから、その拳でウヴォーを殴れば・・・

ハンターハンター10巻より

(最早、刺さってる!)

ウヴォーも思わず「ぐっほ・・・!」バズーカすら通用しないウヴォーを「ぐっほ・・・!」と言わせるのは強い!(確信)

クラピカ的には拷問のつもりで色々聞き出すつもりだけど、何を聞いても「殺せ」としか言わないウヴォーに「律する小指の鎖ジャッジメントチェーン」を心臓に突き刺す。

ジャッジメントチェーンとは、クラピカの定めた法を破れば心臓を握り潰す能力で要約すると、「俺の言うこと聞かないと殺すよ?」って感じ。

しかし、ここは流石、幻影旅団。

仲間の居場所を聞かれても「くたばれw馬鹿がw」と言い残し筋肉の王はこの世を去った。

良くも悪くも旅団は命を大して重いものだとは捉えていない。

ちなみに断末魔はうるさくなかった。

ハンターハンター10巻より

(何で埋める描写だけ、妙にリアルなんだろ?そして穴、浅くない?こんなもん?)

ちなみに旧アニメ版だと、このシーンは結構ダークに描かれている。

こうして、クラピカは割とあっさり旅団の中でも戦闘に秀でていたウヴォーに勝ってしまった。

一方、サブ主人公のゴンたちは、旅団のメンバーを探す。

現在、ゴンとクラピカの差は『起業して成果を上げてる人』と『転職先を探してる人』ぐらいの差があるぞ!

ハンターハンター10巻②:グリードアイランド編への布石

ゴンたちは、グリードアイランドを手に入れるための元手が全くないため、自分(ゴン)のハンターライセンスを担保に全く返せる保証のない1億ジェニーを借りる。(キルアからは「頭がおかしい」と思われる。)

グリードアイランドが出品されるオークションのカタログを購入するだけでも、1200万ジェニーかかるらしい。

どうやら3人は、この時点で旅団を捕まえられると思っている。

クモの情報を集めながら、3人は掘り出し物を市場で探しているとゴンが『ベンズナイフ』を何となく手にする。

ハンターハンター10巻より

(誰やねん!)

なんと、ベンズナイフは300ジェニーで買って最低500万で売れるとのこと。

ハンターハンター10巻③:ゼパイルとの出会い

掘り出し物を探す3人に邪魔するものが現れる。

どうやら、目ぼしい物を見つけたら『ゼパイル』という人物が値段を被せてくるらしい。

ハンターハンター10巻より

(この二人を尾行できるって普通に凄いよ、もしかしてハンター?)

結局いくつかの掘り出し物はゼパイルに取られることになったが、いくつかは手に入ったので、特に気にすることはなかった。

果たしてゼパイルとは何者なのか?

で、買った物がいくらぐらいになるのかを確認するために質屋に行くゴンキルア

いくつかは買った値段よりも高い値段がつくのだが、1つだけハズレを引いてしまう。

ハンターハンター10巻より

お!もしかして!?

ハンターハンター10巻より

良かったねー!二人とも!

これで少しでも利益を出せるぞ・・・!

と、そこへ

ハンターハンター10巻より

(眉毛と、もみあげ、どうなってんねん!)

なんとこの質屋のおっさん、実は大嘘つき!

人は見た目によらんなぁ。

(な、ぼ、僕はそんな・・・←黙れ)

果たして、このもみあげおっさんは何者なのか!?

ハンターハンター10巻④:これはなんて漫画だっけ?

質屋のチョビひげ嘘つき野郎に騙されずに済んだ二人は、おっさん『ゼパイル』から売れた分の2割の要求を受ける。

ゴンは快くOKするが、キルアは「ふざけんな」と一蹴。

せいぜい、出せるのは昼飯代だけと告げると、ゼパイルは「それで良い」と答える。

実はゼパイルは純粋にゴンとキルアに興味があり近付いてきた。

多分、子供が数ある商品の中から的確に3つの掘り出し物を見つけることができたことを不思議に思ったんだろうな。

ハンターハンター10巻より

(ゼパイルちょっと可愛いね)

色々とやり取りをしていくと、俄然二人に興味を持ったゼパイルは一緒に「何か手伝えることはねーか?」と提案。

ハンターハンター10巻より

それに対して「なんで手伝う気になったの?」と聞くゴンたち。

物の品定めばかりしていると、値段では測れない未知のものに触れたくなるという感じの回答をするぜパイル。

手伝いを了承する二人。

そして、最初の仕事が先ほどの隠し金庫の開封!

ハンターハンター10巻より

(もう3億と聞いても「おお!」で済ますレベルw)

で、早速市場に出してみることに・・・

ハンターハンター10巻より

(このハゲは普通にその辺いそうだよね。)

この二人は一体・・・!?

ハンターハンター10巻⑤:単純な好奇心

何だかペラペラと語り出すハゲ&7:3分け

ゴンたちが出品している品の値段を下げるつもりらしい。

良いものを出来るだけ安く買うためにイチャモンつける作戦。

一応、ルールとかないからセーフなんだろうな。

それよりもすり替えられたりしないかを注意しながら見ろとゼパイルに促されるゴンとキルア。

ハンターハンター10巻より

(実はこのハゲ、ダルツォルネよりも活躍してる説)

実際、この二人を欺くことは不可能と言って良いけど、何も知らない人からしたら、ただの子供だもんね。

しぶとく疑ってかかるハゲに「誓って本物、もし偽物なら全額返す誓約書も書く」と公言する。

ハンターハンター10巻より

(実はこのハゲ、陰獣よりも活躍してる説)

自分を貶めようとしている相手に対して関心を寄せるゴン。

そして、熱くなる議論!

ハンターハンター10巻より

(え、待って何の漫画だっけこれ?)

こうして、周りの大勢を巻き込み不安にさせることで、値段を一気に下げようという作戦。

結果的に本物かどうかはこの場にいる者たちだけでは判断がつかないため、疑心暗鬼なまま下見市は終わる。

少し残念な結果に終わったのにも関わらず、ゴンは今日の出来事をもっと教えてくれと嬉々として言う。

そんなゴンを見て、ゼパイルは危ういと評価。

ゼパイルが他の知識を詳しく話していると、レオリオから旅団の情報が手に入ったと連絡受けすぐにその場を去るゴンたち。

ハンターハンター10巻より

(あ、そっか、それが目的だったねw)

出会って間もない人間に3億近い品を任せる2人の器・・・

大物だなぁ。

ハンターハンター10巻前半【感想・ネタバレ】 まとめ

10巻の前半は、ウヴォーが死んでからは、何の漫画を読んでるのか忘れてしまう内容となってる(?)

まぁ、HUNTER×HUNTERの魅力は戦闘以外にも細かな世界観を見せてくれるところでもあるんだけどね。

ただ、中にはこういった本編とはあんまり関係無そうな部分(裏ではめっちゃ繋がってたりするけど)は読み飛ばしてしまう人もいるかもしれない。

僕も昔は読み飛ばしてたと思う。多分。

まぁ、後半はしっかりHUNTER×HUNTERの世界観に戻ってくるので、楽しみにしててくれよな!←

コメント

タイトルとURLをコピーしました