メルエムの葛藤!ハンターハンター24巻後半【感想・ネタバレ】

ハンターハンター24巻後半感想・ネタバレ 表紙

 

こんにちは、宮本(@mangablog2)です。

当記事では、20年以上ハンターハンターを愛してやまない僕が考察&解説をしています。

※ネタバレを含むため、苦手な方はブラウザバックを推奨。

また、当サイトに「イラストを掲載してもいいよ」という方を常に募集しています!

ご協力してくれる心優しい方は、記載したいリンクを添えて『DM』か『お問い合わせフォーム』から言ってくれると非常に喜びます。

ハンターハンターネタバレ一覧

1巻2巻3巻4巻5巻6巻
7巻8巻9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻17巻18巻
19巻20巻21巻22巻23巻24巻
25巻26巻27巻28巻29巻30巻
31巻32巻33巻34巻35巻36巻
0巻図鑑診断50選小ネタ無料
協会
スポンサーリンク

ハンターハンター24巻後半【感想・ネタバレ】

ハンターハンター24巻 表紙
ハンターハンター24巻より

24巻の前半で軍儀に勝てないメルエムが、欲望と恐怖を刺激するための安易な賭けを持ち出し、普段から命を賭けている少女と覚悟の違いを感じて腕を引きちぎった。

そして、王の腕を治療するために『円』を解いたネフェルピトーと、千載一遇のチャンスを見逃さず宮殿内部に潜入したノヴ。

一方、モラウはレオルと地下教会で戦うことになる。

後半では、モラウとレオルの戦いが決着し、王は今まででは考えられない心境の変化を見せる!

選別の日まで残り6日。

果たして、皆それぞれミッションを達成することができるのか!?

無料でハンターハンターが5巻まで読める!(11月11日まで!)

ハンターハンター24巻No.254:6ー⑪

ハンターハンター24巻より

モラウは短い戦いの中で3つ分かったことがあると話し出す。

  1. レオルの能力(他人の能力を利用すること)
  2. イヤホンは能力に関係がない
  3. レオルの寿命

モラウの友人である『グラチャン』の能力を奪い取った罪は万死に値する。

能力は奪ったわけではないが、モラウの誤解を晴らすことに特に意味を感じなかったレオルは攻撃を再開。

モラウは再び大きな波に飲み込まれ、なかなか浮いてこない。

肺活量に絶対的な自信を持っていたモラウなら、迷路のような地下の道も泳いで逃げ切ることが可能と判断したレオルは急いで追いかけようとするが・・・

ハンターハンター24巻より

突然、目眩めまいがして水の中に落ちてしまう。

地下だったため、能力が解除されても水が引かず、そのまま溺れることに。

そして「追いつめられたのは、オレの方と見せかけて奴の方(モラウ)だったのに本当に追いつめられていたのはオレの方(レオル)」という謎の発言を残し、あまりに呆気なく絶命。

レオルが目眩を引き起こしたのは猛毒を吸ったからだ。

毒の正体とはCO2(二酸化炭素)。

二酸化炭素は空気中にも普通に存在しているが、濃度が一定に達すると様々な症状を引き起こす。

CO2の濃度別症状
  • 0.03%(通常の空気に存在する量):無症状
  • 1%:呼吸と血液循環に変化
  • 5%:頭痛/動悸/血圧上昇
  • 20%:数秒で死ぬ

モラウは強力な肺活量で教会内の空気を吸い尽くし、水の中から息を吹き込んで二酸化炭素濃度を急激に上昇させたのだった。

宮本
宮本

みんなも二酸化炭素の取り扱いには十分気をつけてね!

その頃、パームはビゼフ長官を眠らせて宮殿に侵入を試みる。

果たしてパームは無事にミッションを達成することができるのか!?

ハンターハンター24巻No.255:5ー①〜2ー①

ハンターハンター24巻より

以前、オロソ兄妹との戦いで気を失ったキルアは、裏の人間専門の闇病院で目を覚まし、二日以上眠っていたことをイカルゴから聞かされると、急いで作戦に戻ろうとする。

キルアの受けた傷はすでに治りかけており「仲間に紹介するから、一緒に行こうぜ」とイカルゴ誘う。

だが、自分がキメラアントであることを気にして、なかなか進めないイカルゴ。

いや、それ以上に自分に自信がないのかもしれない。

あまり他者に必要とされることがなかった自分なんかが一緒について行っていいのだろうか?

そんな思いを抱えて動き出せずにいるのだ。

それでも「友達になれたと思った」と言ってくれるキルアを見て『真の仲間』や『本当の友達』が存在することを確信する。

一歩踏み出せば、憧れ続けた世界に飛び込むことができると知ったイカルゴにもう迷いはなかった。

ハンターハンター24巻より

選別まで残り3日に迫った頃、連日で対局を続けていた盲目の少女は心身共に限界が近づいていた。

次の対局か、その次の対局でメルエムが勝つだろうと予想される。

しかし、フラフラになった少女を見て、メルエムは休息を取るように伝える。

王が「休みなしで打つ」と前言を撤回したことに危機感を抱き、少女を見るプフ。

プフが抱える危機感は、人間にとって幸か不幸か・・・

それはまだ分からない。

ハンターハンター24巻No.256:2ー②

ハンターハンター24巻より

盲目の少女がいずれ『王にとって厄介な存在』になると感じたプフは手を出しかけるが、寸前で踏みとどまった。

ここで始末してしまうとメルエムは彼女に勝つことが永遠にできなくなってしまい、神格化されてしまう。

前言を撤回したのも全力の彼女を勝つためであり、王が変化したのではない。

プフは軽率な行動を取ろうとした自分を責め、王が世界に君臨したのを見届けたら自らの意思で死ぬことを決意。

おそらく、冗談ではなく本気だ。

護衛軍の忠誠心はそれほどまでに凄まじい。

そして、プフの雄叫びを不思議そうに見るユピー。

ハンターハンター24巻より

その頃、無事にゴンと合流したキルアは作戦当日のことについて話し合っていた。

ゴンはパームから連絡がないことを気にするが、キルアは冷たく「潜んでいるか死んでるかのどっちか」と突き放す。

しかし、突き放したのは最悪の事態を想定するよりも、パームを信じることの方が大事だからだ。

幸いなことに作戦決行まで二日残っているため、連絡が来る可能性もある。皆は信じて待つことにした。

ハンターハンター24巻より

休息を終えた少女は、対局ではなく軍儀の戦略についてメルエムと話し合っていた。

下賎な人間と仲良くするのが気に食わないであろうプフは、割り込むように選別についての打ち合わせをしようとする。

ところが、王は興味を示さず「好きにせい」と一蹴。

それでも話を続けようとするプフは部屋から追い出されてしまい、同じように追い出されたユピーはどこか嬉しげ。

一方、ピトーは『円』に触れた感覚とウェルフィンからの報告で、モラウという人物が単独犯であることと能力や力量を掴んでいた。

王を守る使命と戦いたい欲で葛藤し、プフのように雄叫びを上げる。

ハンターハンター24巻より

作戦決行まで残り1日。

ゴンたちは首都『ペイジン』に潜入し、モラウが単独犯ではないと思わせるように行動を取る。

作戦は順調なように思えるが、キルアだけは頭の中でずっと何かに引っかかっていた・・・

ハンターハンター24巻No.257:1ー①

ハンターハンター24巻より

対局を再開した王と少女。

相変わらず全く歯が立たないが、メルエムが感じていたのは息苦しさではなく楽しさだった。

それは少女が数段高みから打っている証でもある。

だが・・・

王とのハイレベルな対局を何度も積み重ねたことで覚醒し、身体がオーラで包まれる盲目の少女。

そんな彼女に名前を尋ねるメルエム。

今までは『人間』としてしか見ていなかったが、1人の存在として認めたのだろう。

少女は『コムギ』だと告げ、返すように王の名を照れくさそうに尋ねる。

ハンターハンター24巻より

この質問は王の琴線に触れ、護衛軍を至急呼び集めた。

そう、メルエムは自分の名前を知らないのだ。

自分の名前を答えることができなかったメルエムは護衛軍を3匹呼び出し、自分の名前を尋ねる。

しかし、誰も答えることができない。

結局、欲しい答えを得ることができなかった王は、コムギの全身が光に包まれていたことを話し出すが『人間』ごときを名前で呼ぶことに不快感を覚えるプフ。

おそらく、光の正体は念能力なのだが選別を受けていた場合、間違いなく死亡していた。

あくまで選別は兵士たり得る肉体と精神を持つ者を選ぶ作業であり、生き残れるのは戦闘力のある者だけ。

メルエムはコムギと出会ったことで強さにも種類があると学んだ。

ハンターハンター24巻より

そして、宮殿に向かう途中、気まぐれで殺した子どものことを口にする。

「もしかしたら、あの子どもはある分野で自分を超える存在になっていたかもしれない」と・・・

まるで自らの行いを悔いているかのような発言にプフは嫌な予感を拭い切ることができない。

王たる者、王として相応しい姿勢がある。

その姿勢が崩れてしまうのではないかとプフは恐れているのだ。

ハンターハンター24巻より

ところが、王に目を向けるとプフの想像とは違う表情を浮かべていた。

この表情は何を語るのだろうか?

『ハンター試験』『ヨークシン編』『総選挙編』まで試しに読んでみる

ハンターハンター24巻No.258:1ー②

ハンターハンター24巻より

どんなに優れた能力を持っていたとしても圧倒的な暴力の前では無意味。

その暴力を持ち合わせている自分こそが、この世で最も強い存在だと自覚するメルエム

人間は『法』の中で生きているため、認識しづらいが世界が『弱肉強食』で回っていることは疑いようのない真実であり『法』でさえも強き者が生み出した産物に過ぎない。

メルエムが去った後、プフは「王は自分の行いを悔いていると勘違いした」と他の護衛軍に打ち明ける。

ユピーに「深読みしすぎ、小娘が邪魔なら殺ればいいじゃねーか」とアッサリ返され、かつての自分と思考レベルが一緒だったことに涙するプフ。(めちゃくちゃ失礼)

暴力こそがこの世で最も強い力だと理解したメルエムが向かった先はコムギのいる部屋。

いくら軍儀で強くても、殺して摘み取ってしまえば意味はない。

所詮は選別までの暇つぶしだ。

自分の中の言葉にできないモヤモヤも元凶のコムギを殺せば消えてなくなる。と信じて扉を開けた。

ハンターハンター24巻より

すると、鳥に襲われるコムギの姿が目に映り、咄嗟に助けてしまうメルエム。

血だらけのコムギを見て「なぜ助けを呼ばなかった?貴様は大事な客だ」と、さっきまで殺そうとしていたとは思えない言葉を口にする。

弱すぎる生き物を目の当たりにしたからなのか、自分でも驚きを隠せない。

誰からも優しくされたことがなかったコムギは、王の優しい言葉に涙を流す。

種族の頂点に立ち、王として生まれてきた強き者と、1人では何もできない弱き者。

破壊するだけが本当に強さなのだろうか?弱さを認めることも本当は強さじゃないのだろうか?

メルエムはついに本当に何も分からなくなってしまう。

ハンターハンター24巻より

夜が明けた頃、ゴンキルア・イカルゴは作戦当日の最終確認をしていた。

入念に作戦を立て「この日しかない」という日に限って、互いに予期せぬことが起こるとキルアは経験上、知っている。

想定外のことが起こった際、思考が止まって作戦に支障がないように「ありとあらゆる想定」を今のうちにしておくのだ。

そもそも、ピトーが『円』を解いたことも通常では考えられない。

なぜ、ピトーは『円』を解いたのだろうか?

コルトから「ピトーは誰かを治療している間は『円』を使えない」と情報を得たゴンたちが導き出した答えは『王が自分で自分を傷つけた』だった。

キメラアント側での『絶対』が崩れれば、作戦も崩れる。

互いにとって予期せぬ出来事はすでに起きているのかもしれない。

ハンターハンター24巻No.259:1ー③

ハンターハンター24巻より

選別を行うための行列が宮殿に向かい始める。

そんな中、メルエムはコムギが鳥に襲われていたことをキッカケに、コムギの周囲も警戒するようピトーに命じる。

ピトーもメルエムも心理描写は描かれていないが、互いの表情には何か含むところがある。

それが良い感情なのか、それとも悪い感情なのか、最後まで語られることはない。

心が折れて前線から離脱したノヴは、決して『円』に触れない遠方から宮殿の様子を窺う。

かつて、漆黒と表現できるほど黒かった髪はストレスで真っ白になり、自信に満ちていた表情は微塵も感じられない。

望遠鏡を覗くと、上空から群衆に向けて鱗粉をばら撒くプフの姿が映った。

ハンターハンター24巻No.260:1ー④

ハンターハンター24巻より

選別を速やかに済ますことができるように、プフは催眠効果のある鱗粉を群衆にばら撒く。

鱗粉を吸った者は意識を失い、目の前で人が殴り殺されても黙って自分の番が来るまで待ち続けることになる。

しかし、群衆の意識がなくなるのは人間側にも好都合。

なぜなら、宮殿に攻め入った時に宮殿付近の人間に意識があれば、パニックだけ数万人の死者が出ると予測していたからだ。

催眠によって意識がなければ、事故で死ぬこともなくなる。

いよいよ作戦開始まで30分を切った。

みんなのウチに秘めた想いが、順番に描写されていく。

ゲームのボス戦前、仲間に話しかけていくイベントを何となく想像させる。

ハンターハンター24巻より

自分の名前が分からないからなのか、それとも自己矛盾を解決できないからなのか、メルエムは自分が何者なのか考えていた。

当然、いくら考えても答えなど出てくるはずもない。いや、答えなどないのかもしれない。

ただ産まれ、生きて死ぬだけだ。

そこに意味はなく、意味があると信じたいから人は夢や理想を持つ。

だが、王にあるのは『世界を統一する』という使命だけ。

あらかじめ与えられた使命を全うするだけの存在に『個』としての意思を持つことは許されるのだろうか?

無料でハンターハンターが5巻まで読める!(11月11日まで!)
スポンサーリンク

ハンターハンター24巻後半【感想・ネタバレ】 まとめ

王としての使命を果たす義務があると理解しながら、使命に疑問を抱き始めるメルエム

なんとも意外な形で幕を閉じた24巻だった。

王は確かに唯一無二の存在だけど、使命を果たすだけが目的ならメルエムでなくてもいいのではないか?

もはやマンガではなく、哲学の領域。

だからなのか、実は24巻は他の巻よりも話数が1話多い。

これまでは12話収録されていたけど24巻は13話で構成されている。(25巻以降は2話減って10話の収録になるんだけどね)

さて、25巻では作戦がついに開始され、キルアがずっと気にしている想定外の出来事は見事に的中!

その想定外は人間にとって幸か不幸か!?

答えは、ぜひ25巻で確認してみてくれ!

ハンターハンター24巻を試し読みする
宮本
宮本

何のために生まれてきたのか?って誰でも一度は考えるよね。

スポンサーリンク

ネタバレだけじゃ物足りない方向け

ハンターハンタースターターブック

君はハンターハンターのスターターブックを知っているだろうか?

  • ハンター試験編
  • 天空闘技場編
  • ヨークシン編
  • グリードアイランド編
  • キメラアント編
  • 会長総選挙編

などのエピソードが、無料で各3話ずつ読むことができる。

登録とかも一切せずにフルカラーで読めるから、ネタバレだけじゃ物足りない人にはピッタリ!

未読の方は読まなきゃもったいない!

無料で読める作品が1000種類以上あって、面白いマンガをたくさん発掘できるかも!

HUNTER×HUNTER『ハンター試験編〜総選挙編』まで試し読みしてみる

 

 

ハンターハンターネタバレ一覧

1巻2巻3巻4巻5巻6巻
7巻8巻9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻17巻18巻
19巻20巻21巻22巻23巻24巻
25巻26巻27巻28巻29巻30巻
31巻32巻33巻34巻35巻36巻
0巻図鑑診断50選小ネタ無料
協会

タイトルとURLをコピーしました