ユピーVSキルア!ハンターハンター27巻前半【感想・ネタバレ】

ハンターハンター27巻 HUNTER×HUNTER
ハンターハンター27巻より
スポンサーリンク

この記事では、僕の大好きなHUNTER×HUNTERの感想と考察を書いています。

漫画を読むのが面倒くさい方はサクッと読んでみてください。

この記事はネタバレを含みます。

ハンターハンター感想・ネタバレ

1巻2巻3巻4巻5巻6巻
7巻8巻9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻17巻18巻
19巻20巻21巻22巻23巻24巻
25巻26巻27巻28巻29巻30巻
31巻32巻33巻34巻35巻36巻

ハンターハンター27巻前半【感想・ネタバレ】

27巻は全体的に脇役(失礼)をメインに話が進んでいく。

いや、しかし脇役は主人公を輝かせる存在である。

ゆえに、ある意味では絶対的(?)な存在なのだ!

そんな絶対的な存在たちの物語を見ていこう!←

ハンターハンター27巻①:最速の八つ当たり

前回、死にかけたナックルはキルアの『落雷ナルカミ』によって助かった。

それどころか、雷によって体が固まった状態になったことで8発もの攻撃に成功する。

ナックルからのダメージはゼロに等しく、それよりも何が起こったのかを理解するために頭を働かしていたユピー。

突然の電撃・突然現れたポットクリン、不可解な現象の答えを探している最中でキルアが姿を表す。

ハンターハンター27巻より

見るからに不機嫌そうなキルアの表情。

「今からすることは全部八つ当たり」と言いながら、とてつもない速度で電気と蹴りを放つ。

怒りで声を上げる暇も変形のスキも与えることなく、ユピーを圧倒した。

キルアが生み出した『神速カンムル』は2種類。

  • 電光石火:自分の意志で肉体を操作する
  • 疾風迅雷:肉体が相手の動きに反応する
ハンターハンター27巻より

ユピーの見立てでは、宮殿で出会した相手は全て自分より10倍ほども弱いはず。

なのに、手も足も出せない状況に困惑しつつも、少し楽しいと感じる自分。

ユピーの中にも僅かだが変化が生じていた。

そして、電気が切れて逃げ出すキルアを追いかけるも、全く気配が感じられなくなってしまうことでユピーは確信する。

出たり消えたりできる存在がいることを・・・。

その頃、モラウは煙の中でプフを攻撃するかしないかで迷っていた。

ハンターハンター27巻②:タコとザリガニと出歯亀

フラッタを片付け、地上に戻ろうとしたブロヴーダだったが、エレベーターの暗証番号が分からず上に登れずにいた。

暗証番号が分からない場合、エレベーターの中に催眠ガスが吹き出すことになっている。

イカルゴは地下に閉じ込めるチャンスだと思ったが、エレベーターの防弾扉をぶち壊して出てきてしまう。

ハンターハンター27巻より

急いでモニター室へ行き、様子を伺いながら戦略を練るイカルゴ。

仮にブロヴーダを地上に戻せば、イカルゴは自由に動くことができるが仲間の危険度を少し上げてしまう。

悩んだ末の結論は、「ブロヴーダを地上に出してしまっては仲間の意味がない」というもの。

ブロヴーダを地下に閉じ込める作戦が開始され、通路をシャッターで塞いだ。

が、エレベーターの天井をぶち破れば外に出られることに気がついたイカルゴとブロヴーダ。(ブロヴーダはイカルゴの存在を知らない)

イカルゴは急いでエレベーターを塞ぐ手段を考える。

その結果、装甲車でエレベーターの入口を物理的に封鎖する作戦を思いつく。(妙にリアルな作戦やな。念使わんのかいw)

ハンターハンター27巻より

「出歯亀」ってどんな意味だろう?と思って調べたら「女ぶろをのぞくなど、変態的なことをする男をののしる言葉」らしいw

由来は・・・

ちょっとショッキングな事件が関与しているから、自分で調べてみてください。(急な敬語)

ハンターハンター27巻③:15分・・・

ブロヴーダの能力が全く効かない装甲車。

無事にエレベーターを塞ぎ、操作されないように車内に火を放つ。

ハンターハンター27巻より

ブロヴーダは成すすべなく睡眠ガスにより眠りに落ちる。

後は甲殻の隙間からライフルで撃てば、仲間は危険に及ばない。

ハンターハンター27巻より

しかし、自らの手で人を殺めたことのないイカルゴは引き金を引けない。

結局、何もしないままモニター室に戻り「俺は卑怯者だ」と号泣する。

ブロヴーダを殺さなかったという選択がある人物にとって助けになるが、それはまだ少し先の話。

その頃、モラウは煙の中でついにサナギのプフへの攻撃を仕掛けていた。

ハンターハンター27巻より

サナギを壊したことによって、中に何も入っていないと判断し『監獄ロックスモーキージェイル』を解除した。

モラウが攻撃しようとした際に「反応すまいとする気配さえない」なんてことはあり得ないという理由が決定打になったらしい。(ちょっと暴論な気もする)

なんかよく分からん理由を話しているモラウをよそに穏やかな笑みを浮かべながらプフは「15分・・・」と囁いた。(コミュ障か?)

ハンターハンター27巻④:イメチェン

プフの見立てでは、15分間モラウは煙を解除しないと考えていた。

この時点で何分が経過していたかは時間が表示されていないので分からないが、モラウはバカにされていると捉えた。

しかし、逆でプフは能力の性質上、煙を解除してもらわなければ本気を出すことができなかった。

ハンターハンター27巻より

「買いかぶっていた」と言い、花火のように細かく分裂するプフ。

ディープパープルで破壊しようとするが、すぐにまた再生する。(ロギア系かな?)

ハンターハンター27巻より

挑発しながら去っていくプフに

「騙されるな」

「これは心理作戦」

「サナギへの攻撃はベスト」

「いや、終わったことを考えさせられている時点で奴の術中」

とか色々考えてたら、突然現れたプフにキセルを奪われてしまう。

ハンターハンター27巻より

(いや、お前そんなキャラやっけ?やっぱりなんかちょっと気持ち悪い要素持ってるなコイツ)

キセルを奪われたことにより、すでに発動しているディープパープル以外使えなくなってしまうモラウ。

そこへユピーが現れる。

(ユピーをスモーキージェイルに閉じ込めたら、能力の相性的に一瞬でモラウ殺されてそうw)

ハンターハンター27巻より

絶体絶命のピンチ・・・

かと思いきや、すごい形相をしたナックルもやってくる。

ハンターハンター27巻より

モラウは煙(89体)をナックルに姿を変えて補助する。

ユピーは狙いを読み、一発を受ける代わり命をもらう作戦を開始!

果たして・・・

ハンターハンター27巻⑤:裏の裏の裏

レオルともフラッタとも連絡が取れなくなり、宮殿が襲撃されたことで逃げ出そうとしていたヒナとシドレ。

天井の崩落によって、動けなくなってしまっていたビゼフを目撃するが助けるつもりが全くないヒナ。(人としてはひどいけど、アリとしては優しい方だと思うよ)

「地下にある財宝と引き換えに助けてくれ」と懇願して、ようやく救われる。

ハンターハンター27巻より

(強化系かな?)

その頃、ユピーは順調に煙の数を減らし、本物を殺すためにワザとスキを作っていた。

思惑通り、本体がユピーの脇腹を殴り、針で突き刺したが・・・

それも煙だったw

そして「本物なんて最初からいねぇんだよwバァカw」と煽られたことで一瞬で肉体変化し、モラウに襲いかかる。

ハンターハンター27巻より

と、そこへ横から本物のナックルがユピーを殴りつける。

ユピー「本物いるじゃねーか!」

ナックル「当たりめーだろ!」

  • 殴らせたる代わりに殺す
  • 殴らせたのに偽物
  • 本物なんかいなくて最初からモラウの術中だったことに気づき大爆発
  • でも結局本物いる

コントかな?w

ハンターハンター27巻前半 まとめ

なんと、ここまで宮殿に侵入して7分29秒しか経っていないw

侵入開始⇨シュートが死にかける⇨ナックルがユピーを爆発させる⇨ナックル死にかける⇨キルアがユピーボコボコにする⇨ユピーの前にモラウ登場

起こった出来事だけで見たら確かに7分ぐらいか・・・

7分の間にユピー切れすぎw

では、後半でまた会おう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました