メルエムVSネテロ!ハンターハンター27巻後半【感想・ネタバレ】

ハンターハンター27巻 HUNTER×HUNTER
ハンターハンター27巻より

この記事では、僕の大好きなHUNTER×HUNTERの感想と考察を書いています。

漫画を読むのが面倒くさい方はサクッと読んでみてください。

この記事はネタバレを含みます。

ハンターハンター感想・ネタバレ

1巻2巻3巻4巻5巻6巻
7巻8巻9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻17巻18巻
19巻20巻21巻22巻23巻24巻
25巻26巻27巻28巻29巻30巻
31巻32巻33巻34巻35巻36巻

ハンターハンター27巻後半【感想・ネタバレ】

27巻の前半では脇役(絶対的存在)たちが活躍したが、後半では少しだけストーリーのメインである人物が登場する。

活躍ではなく、登場する。

しかし、メイン枠の存在は活躍しなくても登場するだけで、カラー版になったかのような華やかさが生まれる(気がする)。

めっちゃ失礼なことを言った気がするけど、脇役も欠かせないから!

見方によってはこれも貶してるみたいになっちゃってるけど、27巻の後半も見ていこう!

ハンターハンター27巻⑥:黙ってろ

プフはモラウから奪ったキセルを川に流し『蝿の王ベルゼブブ』を発動させた。

身体を細かく分裂させ、より早く効率的に現状を把握するためだ。

プフは最小ナノサイズまで分裂することができるらしい。(ナノサイズを調べたら髪の毛の10万分の1の太さだって。よく分からん)

その代わり、司令塔である本体はハチ程度の大きさを維持しなければならない。

もし、モラウがスモーキージェイルを解かなければ、いずれ小さくなったプフの存在に気づいたかもしれない。

だからこそ、プフはスモーキージェイルを解除したモラウを「買いかぶっていた」と言ったのだ。

しかし、モラウの「正しかった、間違いない」という判断は、プフと本人ですら気づいていない言い訳である。

実はシュートとナックルが、ユピーを相手にした限界の時間をモラウは無意識的に分かっていた。

2人を助けるためにスモーキージェイルを解いた正当性を無理やり作り出していたのだ。

実際、モラウがあの場にいなければ、ナックルは瞬殺されていただろう。

その頃、キルアはメレオロンと次に取る行動について話し合っていた。

メレオロンはナックルのところへ行き、状況を見てどうするかを判断する。

キルアゴンの元へ戻り「最悪の場合、心中する」と真顔で言う。

複雑な心境のメレオロンにウソと戯けるが、メレオロンは疑う。

ハンターハンター27巻より

仲間の気持ちを汲むメレオロン。

ゴンに言った「境なんてあってないようなものさ」という、いつかのセリフが思い起こされるシーンだと思う。

ピトーはゴンの背後から忍び寄るプフを制止していた。

ハンターハンター27巻より

ピトーの言動を理解できないプフ。

どうやら、コムギを助けたいのはゴンの方だと思っているようだ。

ハンターハンター27巻より

詳しく話を聞こうとしたところ、ゴンに「お前には関係ない。黙ってろ」と言われて睨むプフ。

なんでゴンはこんな強気なのか謎w

コムギという制限がなかったら瞬殺されててもおかしくないシチュエーションやのに。

ハンターハンター27巻⑦:護衛軍の立ち振る舞い

ゴンに「黙れ」と言われ、その場を去ろうとしたプフ。

しかし、ゴンに「そこから一歩も動くな」と言われ、さらにピトーから「頼む」とまで言われる。

そんなピトーの顔を見て「明らかに顔つきが違う。まるで・・・」(まるで人間のようと続くのだろうか?それとも、キルアと同じで母親みたいと続くのだろうか?)

ハンターハンター27巻より

動かない代わりに『ここで起こった全て』を教えてくれと条件を出すプフ。

もちろん、プフが本当に知りたいのは王の居場所。

キメラアントは悪者って意識で見てしまうから、護衛軍はとんでもない奴って思ってしまうけど、キメラアント側視点でだと、全員クソ有能だよね。

その頃、ユピーは爆発を操作する感覚を掴みかけていた。(ほら有能)

「冷静に怒り狂え」

「破壊と構築の同居」

「それを肉体で表現するのだ」

など、よく分からないアーティスティックなことを思いながらこれまでとは違った姿に変貌する。

ハンターハンター27巻より

しかし、怒りと冷静さは相反する感情。

なぜ同時に存在することができるのか、ユピーはまだ気づいていない。(僕も未だに分からない)

ユピーが念を使えなくなるまで残り3分50秒。

しばらく登場しなかった王とネテロは戦争兵器の実験場へと場所を移していた。

「心置きなく戦える」とネテロの発言に対して「なぜ戦う?」と問うメルエム

「お前に勝ち目はない、死に急ぐこともない」意外な返答。

「やってみないと分からんだろ、見た目で判断すんな」とネテロは答えるが、恐らく嘘。

負けることは分かりきっている。

そして、それはメルエムも見抜いていた。

コムギと関わっていく中で王の中になんらかの変化がもたらされ「人間にも生かす価値のあるものがいると知った」と当初では考えられない発言をする。

ネテロにも生かす価値がある要素を見出したのだ。

ハンターハンター27巻より

だけど、ネテロの取る行動は最初から全て決まっている。

そう、結末まで・・・

ハンターハンター27巻⑧:ファインプレーと対話

ピトーはプフの要求通りに自分の知っていることを伝えた。

そして、さりげなく王のいる場所(南の方角)を示すことに成功。

王の居場所を知ったプフは外殻となる部分だけをゴンの元へ残し、ほとんどを王の方へと向かわせた。(卑怯やけど、やっぱり有能やな)

プフが王の元へ向かっている頃、メルエムはネテロに人間社会の欠点(醜さ)を的確に指摘し、それを改善する宣言をしていた。

「平等とはいえぬまでも、理不尽な差の世界を与える」

「余は力の使い方を学習した」

「弱く、しかし生かすべき者を守る」

「敗者を虐げるためではない」

王の変化は驚くべきものだった。

人(コムギ)と触れ合うことで無機質な暴君から、ヒトへとなろうとしている。

ハンターハンター27巻より

だが、アリとヒトとが交わることは決してない。

そして、どちらに転んだとしてもネテロがやることも決して変わらない。

後は心の問題だけ。

ハンターハンター27巻より

ネテロの動きを見て固まったメルエムは、ネテロの背後から突如現れた観音の攻撃をモロにくらう。

ハンターハンター27巻より

果たして・・・

一方、ユピーの方は決着が着きかけていた。

ボロボロになったモラウにユピーは敗者への賞賛を送り、それを聞いたことでモラウは「コイツになら殺されてもいい」と抵抗する気を失くさせた。

そして、ユピーの鋭い刃がモラウに振り下ろされた・・・。

ハンターハンター27巻⑨:水の泡

刃を振り下ろした瞬間、モラウは消えた。

メレオロンが間一髪で駆けつけたのだ。

しかし、刃を避けれたわけではなく、かなり深く傷を負ってしまう。

姿は消せても落ちた血は誤魔化せず絶体絶命・・・

と、そこへナックルが登場。(こいつ何回逃げて現れるねんw)

ユピーはポットクリンを消せばモラウを見逃すと交換条件を出した。

ハンターハンター27巻より

もちろん、ポットクリンを消してもユピーが約束を守る保証はない。

そして、消せばこれまで命をかけて臨んだ全てが水の泡となる。

モラウからすると、命1つでユピーを討伐できるなら安いものとさえ思っているだろう。

「ふざけんじゃねー!」と叫ぶモラウだが『神の共犯者』により、声は届かない。

ハンターハンター27巻より

ナックルを止めさせるためにメレオロンはモラウから手を離した。

が、逆効果だった。

血に染まったモラウがボロボロのシュートと重なり、ナックルの心を折ったのだ。

絶望するモラウとメレオロン。

ハンターハンター27巻より

意外なことにその場にいた全員がユピーに見逃され、「医者に連れて行け」とまで言われる。

ユピーも戦いの中で王と同じように変化が生じていた。

その変化がナックルを完全に敗北させる。

ハンターハンター27巻⑩:始まる最後の戦い

ナックルが傷ついたモラウを背負おうとすると、手を払い除けられる。

『モラウのため』という行動はモラウのためにならなかったからだ。

命懸けで臨んだ決して失敗の許されない任務。

モラウにとって、あの場でのポットクリンを解除することは任務を失敗するよりも罪深いことなのだろう。

全人類の未来がかかっている、当たり前だ。

ハンターハンター27巻より

怒りの収まらないモラウは「今すぐに行け」となかなか鬼畜な指示を出すw

だが「心が通ったユピーを討伐することはもう自分にはできない」と漏らすナックル。

そこへノヴ(ハゲ)が現れ

ノヴ
ノヴ

そんなん関係ない。

王がタクトを振れば、奴らは悪魔にでもなるんや!!

↑誰やねんw

ノヴ
ノヴ

そんなに言っては可哀想ですよ。

相手はハゲなのですから。

ハゲが怯えている頃、ユピーはプフと合流していた。

「ピトーがまるで別人だった」

「ピトーの変化は本当に王のためになるのか?」

「あなたはどう思いますか?」

そんなプフからの質問にユピーは恐れた。

プフから試されていることよりも、自分の中に生じた変化にだ。

ハンターハンター27巻より

ネテロの不意打ちをくらったメルエム。

地面に大きく穴が空くほどの威力を受け、ほとんどダメージはない。

「気は済んだか?」と寛容な様子を見せ、議論を交わすために座するメルエム。

それでも遠慮なく追撃するネテロw

ハンターハンター27巻より

王の感覚的には、ほんの僅かな怒りの感情もネテロにとっては凄まじいものに感じた。

その結果、通常の間合いと比べ、倍以上の距離を取ることになり、屈辱をネテロに与える。

「悟れ、其の方が余と交わすことが叶うのは言葉だけだ」

それほどまで、両者には圧倒的な力の差があるということ。

ハンターハンター27巻より

「生まれたての餓鬼が!」←完全に悪人のセリフと顔w

しかし、ネテロに名案が浮かぶ。

「ワシに勝てたら王の名前を教える」

王はまだ自分の名前を知らないのだ。

それを引き合いに出す。

なぜ、ネテロは王が名前を知りたいと知っていたのだろう?

試しただけ?

ハンターハンター27巻より

ネテロの思惑に応じる王。

世界最強が今ぶつかる・・・!!

ハンターハンター27巻後半 まとめ

19巻だけだとキメラアントは全滅させた方がいい存在と思える。

けど、物語を読み進めていくとキメラアント側にも個性というか人間らしさが段々と現れて、少し死んで欲しくないと思ったりもする。

これは多分、冨樫先生の作戦。

人間の悪性とキメラアントの種としての行動、本当はどちらが悪なのか?

そんなことを伝えてるように思える。

だから、後半のネテロに悪人のような表情を何度もさせたんだろう。

メルエムとネテロの戦いは28巻で決着するのでお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました