陰獣VSウヴォー!ハンターハンター9巻前半【感想・ネタバレ】

ハンターハンター9巻 HUNTER×HUNTER
ハンターハンター9巻より

この記事では、僕の大好きなHUNTER×HUNTERの感想と考察を書いています。

漫画を読むのが面倒くさい方はサクッと読んでみてください。

この記事はネタバレを含みます。

ハンターハンター感想・ネタバレ

1巻2巻3巻4巻5巻6巻
7巻8巻9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻17巻18巻
19巻20巻21巻22巻23巻24巻
25巻26巻27巻28巻29巻30巻
31巻32巻33巻34巻35巻36巻

ハンターハンター9巻前半【感想・ネタバレ】

前回はオークションに参加していたクラピカ一向が全滅したところで話が終わった。

9巻からはあの優秀なクラピカさんが、ついに本気を出す!

本気になった彼は誰にも止められない!(マジで止められない)

では、見ていこう!

ハンターハンター9巻①:悪名高き幻影旅団!

オークション会場の人が消えたことの異変に気付いたマフィアたちは、急いでビルの中に入って行った。

その様子を見た優秀なクラピカさんも、すぐに現場へ駆けつける!

すると、そこには人っこ1人いないどころか競売品も全てなくなっており、あまりの異常さに現場は混乱する。

HUNTER×HUNTER9巻より

(マフィア怖すぎ・・・w)

そして怒り狂った「激怖マフィア集団」は首謀者をぶちのめすために多額の懸賞金をかける。

しかし、この考えが仇となり、マフィアたちは統率力を失ってしまう。

優秀なクラピカさんを率いてると思っているバカなリーダーもその口らしい。

とまぁ、実は競売品がなくなっているのは旅団の仕業でもなかった。

むしろ、旅団側も「え?何それ?聞いてないんですけど?」状態。

挙げ句の果てのはウヴォーは「俺たちの中に背信者ユダがいるぜ」とカッコつけて言い出す始末・・・。

ちなみにいないw

それに対して、あっさり全否定のクロロw

この頃のクロロは迫力あったなぁ・・・

クロロの言い分を要約すると「いないよそんなやつwそもそも、ユダは裏切り者じゃないしwもう少し論理的思考を身につけろ、この筋肉バカがw」って事だと思う。

ボロクソ言われたウヴォーは

HUNTER×HUNTER9巻より

(仕草女子か?)

結局、この話は相手(敵)から勝手に現れてくれるという事で落ち着く。

バトルの予感がプンプンするね。

一体、どんなすごいやつが登場するのだろう。

ハンターハンター9巻②:筋肉の行方

※ここからは、少しショッキングなシーンが登場します。

飛んでた気球を見つけただけで、犯人と確定してる早計すぎるマフィアは何も考えずに気球をただただ追いかける。

罠の可能性考えないのかな?(まぁ当たってるんだけどね)

HUNTER×HUNTER9巻より

(マフィア怖スギィ、でも流石に刀は意味分からんw、人口密度で振れんだろ)

そして、この怒り狂ったマフィアたちをウヴォー1人で対処しようとする。

だ、大丈夫か?(ファッションセンス)

ウヴォーのファッションセンスに怒りを隠せないマフィアの代表みたいな奴が、ウヴォーに質問する。

質問に答えないウヴォーを沸点23度のマフィアは容赦無く、ピストルをぶっ放す!

が、しかし筋肉の王死なず!(テラフォーマー風)

テラフォーマーズ1巻より
HUNTER×HUNTER9巻より

完全に一致(?)

ここから、筋肉の王が暴れ回る!

HUNTER×HUNTER9巻より

(このシーンめっちゃ好き)

この後はひたすらウヴォーの蹂躙劇が始まる!

と思いきや・・・

戦車もぶち壊すほどのバズーカを持ち出すマフィア。

う、ウヴォー!避けてー!

しかし、僕もいつか言ってみたいセリフ806位にランクインの「悲しいぜオレはたかが戦車と同じ評価かよ」という言葉とともに受け止める。

HUNTER×HUNTER9巻より

(いや、何発も打てや)

最初の勢いを完全に失い蜘蛛の子を散らしたように逃げるマフィア。

そして、逃げるマフィアを紙のように千切るウヴォー。

その様子を遠くから見てビビり倒すクラピカ一向。

リーダーしっかりしろよ・・・あの時の迫力を取り戻せ↓

ゴゴゴゴゴ
HUNTER×HUNTER 8巻より

すると、騒然とするクラピカたちの前に『十老頭』の配下である『陰獣』が現れる。

陰獣』にもビビり倒すクラピカ一向。(何にならビビらんねん)

この場に現れた陰獣は4人。

ひる』『豪猪やまあらし』『病犬やまいぬ』『蚯蚓みみず

HUNTER×HUNTER9巻より

さて、筋肉の王に勝てるのか!?

ハンターハンター9巻③:獣の狂宴

開幕速攻、ウヴォーに殴られ目ん玉飛び出る蚯蚓。

しかし、このままウヴォーの手を引っ張り地中の中に引きずり込もうとする。

(陰獣に関してはデータがほとんどないけど、地中の方が能力が上がる制約かな?)

それを機に一斉に攻撃を仕掛ける陰獣たち。

そこでようやく、ウヴォーは本気を出し、『超破壊拳ビッグバンインパクト』を放つ。

HUNTER×HUNTER9巻より

(シャルナークがめっちゃ嬉しそうw)

クモの入れ墨が見えたことによりクラピカの目の色が変わる。

相手が幻影旅団と分かってもビビらずに挑める陰獣は、ハンターハンターの世界観でも見ても相当な実力者だと思う。

かませ犬っぽく表現れてるけど・・・

まずは、殴りかかるウヴォーに体毛で対応する豪猪とその流れに乗って肩の筋肉を食いちぎる病犬。

それを見てシャルナークも「かなり鍛えられた念能力者」と評価する。

でも実際、ライフルもバズーカも通用しないウヴォーの肌を傷つけるってことかなりの実力。

そして、病犬の歯に仕込まれた神経毒によって、首から上の身体の自由を奪われる。

HUNTER×HUNTER9巻より

(気持ち悪すぎる。顔が)

傷口から体内にヒルの卵を体内に植え付ける蛭。

と気持ち悪い顔で講釈たれていると・・・

HUNTER×HUNTER9巻より

(急に北斗の拳み)

で、宣言通り、首から上で陰獣たちはご臨終する。(韻踏んだ)

戦いが終わったのを見届けると、優秀なはずのクラピカさんが旅団がいっぱいいるところに飛び出そうとする。

そして、本拠地の旅団側ではヒソカに動きが見られる。

ハンターハンター9巻④:奪われる筋肉

みんなの制止を無視し、飛び出そうとするクラピカと戸惑う周りの連中。

ちなみにこの時、芭蕉は一切描写に出てこないけど、どんな様子だったのだろう?

現場が混乱している中、センリツの能力で皆が冷静さを取り戻し、冷静になったクラピカが出した結論は「筋肉を奪う」というもの。(正気か?)

しかし、勝算はあるらしく、決して無茶ではないらしい。

ウヴォーは毒で身動きが取れないまま旅団メンバーと話していると、突然身体に鎖が絡みつき連れ去られる。

すかさずマチが、糸で追跡できる針を刺し、クラピカ一向は追いつかれる。

が、陰獣たちによって行く手を阻まれる。

HUNTER×HUNTER9巻より

ここには全ての陰獣が揃っており、陰獣たちは先の戦いで分かる通り、なかなかの実力者。

HUNTER×HUNTER9巻より

この雰囲気漂う、圧倒的な強キャラ感!(1人明らかに人間じゃない奴いるけど)

これは相当、強いぞ!

それに加えて、幻影旅団相手に「もろそうだぜ」と強気発言!

戦いの行方やいかに!?

ハンターハンター9巻⑤:最後まで役立たずのリーダー

ウヴォーの拉致に成功したクラピカの一向は、拷問を開始しようとしていた。

しかし、今から拷問が始められようというのに全く動じないウヴォー。

それにイラついたゴゴゴゴゴリーダー(ダルツォルネ)

HUNTER×HUNTER9巻より

(コイツ良いところねえな)

あれだけ、銃弾浴びて、バズーカを受けても平気だったのに、何故通用すると思ったのか?

そして、捕まっている身でありながら「命は助けてやるから、今すぐこれをはずせ」と上から目線の取引を持ちかけられる。

しかし、この交渉は成立しない。

何故なら、クラピカさんがそれを許さないからだ。

「オークション会場の客をどうした?」というクラピカの質問に「殺した」とあっさり供述するウヴォーを思いきりぶん殴る。

銃弾すら通さない(リーダーの刀も)ウヴォーを殴り付けて血を長させるクラピカは相当の実力者だ。

結局、ウヴォーはコミュニティに引き渡すことになる。(廃棄処理みたいw)

その間、クラピカはヒソカとの密会で旅団の情報を集める。

HUNTER×HUNTER9巻より

(夜空綺麗w)

クラピカの決断やいかに!?

コミュニティがウヴォーを引き取りにきたが、実は姿を扮した旅団メンバーだった。

HUNTER×HUNTER9巻より

もちろん、リーダーはやられる。(一度も活躍することなく・・・)

そして、ウヴォーが解き放たれることになる。

※ちなみに旧アニメ版だと、リーダーはみんなが逃げるまでの時間を稼ごうと奮闘?するぞ!

ハンターハンター9巻前半【感想・ネタバレ】 まとめ

9巻の前半は幻影旅団の圧倒的な強さを見せつけられる回となった。

こんなに強い奴にクラピカ勝てるの!?

って多分、リアルタイムならめっちゃワクワクする展開だと思う。

クラピカがいくら優秀とはいえ、相手は陰獣を首から上だけで相手取る実力を持っている。

果たして、クラピカは勝てるのか!?

9巻の後半も乞うご期待!

コメント

タイトルとURLをコピーしました