ジャイロ初登場!ハンターハンター20巻前半【感想・ネタバレ】

ハンターハンター20巻 HUNTER×HUNTER
ハンターハンター20巻より
スポンサーリンク

この記事では、僕の大好きなHUNTER×HUNTERの感想と考察を書いています。

漫画を読むのが面倒くさい方はサクッと読んでみてください。

この記事はネタバレを含みます。

ハンターハンター感想・ネタバレ

1巻2巻3巻4巻5巻6巻
7巻8巻9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻17巻18巻
19巻20巻21巻22巻23巻24巻
25巻26巻27巻28巻29巻30巻
31巻32巻33巻34巻35巻36巻

ハンターハンター20巻前半【感想・ネタバレ】

20巻は全体的に一旦、キメラアントから離れることになる。

ゴンキルアの成長がメインのお話。

子供の頃はあまり面白いと思わなかったけど、物語の中では必要な部分だったと今となっては感じる。

というわけで、ゴンとキルアの成長を見ていこう!

ハンターハンター20巻①:刺客と不気味な女

今のゴンたちでは、キメラアントの討伐の邪魔になるとネテロ会長に言われたゴンとキルア。

討伐に参加したかったら、ネテロの放った刺客に勝てとのこと。

そこへ突然現れた、『パーム』と名乗る不気味な女。

ハンターハンター20巻より

見た目の異様さから身構えるゴンキルア。(やっぱり、外見って大事やな)

2人はネテロからの刺客がどんな人物かを聞いていないため、身構えるのは無理もない。(というフォロー)

どうやら、パームは刺客ではなく『ノヴ』の弟子らしい。

パームからの説明で、刺客は『モラウ』の弟子である『ナックル』と『シュート』ということが分かった。

ハンターハンター20巻より

パームは見た目通りヤバい奴で、ナックルとシュートの説明をしてる最中に興奮して、コーヒーを溢してしまう。(強化系で草)

その頃、キメラアントの巣ではピトーが能力を発現させていた。

ハンターハンター20巻より

殺したカイトを修理するような能力らしい(?)

ピトーの背後に何やら不気味なものが浮かぶ。

何気なく描かれているけど、自分で能力を好きに決められるあたりも化け物じみている。

ハンターハンター20巻より

ナックル初登場!

そんなに強そうには見えないけど、どうなんだろうね?

ハンターハンター20巻②:ビスケ再び

ナックルは、ゴンキルアの名前すら知らないため、街で「勝負しろ」と叫びまくる。

その様子を見たキルアのナックルに対する評価は「かなり強そう」とのこと。

そんなナックルに勝つためにキルアは2つの提案をする。

  1. 基礎能力の向上
  2. 敵の能力を把握

しかし、ゴンは基礎能力の向上だけ良いと言う。

ハンターハンター20巻より

ゴンは、たまに本質を突いてキルアを黙らせる傾向がある。

更にゴンは1ヶ月ではなく、1週間で強くなりNGLに戻ると宣言。

そこへ突然ビスケのツッコミが入る。

ハンターハンター20巻より

どうやら、パームの能力でビスケを見つけ出し読んだらしい。

強化系の能力なのに、どんな能力なのだろう・・・。

そして、ビスケはネテロ会長の人の悪さを知っているらしい発言をする。

一応、ビスケは『心源流拳法』を修めていて、心源流師範はネテロだから近しい存在ではあるのかも?

ハンターハンター20巻より

見た目は子供でも、実年齢は57歳のビスケは説教慣れしているようだ。

ど正論を叩きつけられ、素直なゴンは何も言い返すことができない。(現実でも素直さは大事やで・・・)

そんなビスケが、ゴンとキルアに課せたのは『練』を3時間維持すること。

ゴンよりも体力のあるキルアでも、調子が良くて55分しか維持できないらしく、かなりハードなノルマ。

限界まで体力を使い果たし、眠りについたゴンたちをビスケは念能力でカバーしてあげる。

ハンターハンター20巻より

30分で8時間の睡眠!?めっちゃええやん!

ビスケの能力欲しすぎる!!!!

修行の様子を見ていたパームは、逃げるなら早く逃げろと忠告をする。

ギリギリまで期待させて、NGLに行けなかったらきっとゴンたちを殺してしまうとか・・・(怖すぎるやろ)

しかし、ゴンは「必ずNGLに連れていく」と約束する。

そんなゴンを見て、ときめいちゃうヤバすぎ女パーム。

ハンターハンター20巻より

場面がネテロ会長に切り替わり、ピトーを見て自分より強いと言い放つ。

果たして、これは真実なのだろうか?

ハンターハンター20巻③:2匹目登場

ネテロの自分より強いという発言を聞き、ノヴは信じていない様子。

だけど気持ちは分かる。

ハンターハンターの世界では、ネテロが人類最強という設定なのだから。

ネテロ自身は「自分が最強だったのは半世紀も昔の話」と言う。

ハンターハンター20巻より

ネテロの嫌味にヘソを曲げるノヴw

実際、どっちが強いんだろうね?

こんな考察も別の記事でいつか書こう!

ハンターハンター20巻より

モラウとノヴは戦闘もできるものの、今回に関してはサポート役に徹しているので、直接の戦闘はネテロ自身が全て請け負っている。

彼らの能力は物語の中で詳しく解説されるため、楽しみにしててね。

ハンターハンター20巻より

討伐の間もキメラアント側は、着々と戦力を整えつつあった。

2匹目の王直属護衛軍『シャウアプフ』(覚えにくい名前やで・・・)

プフ自身「女王直属護衛軍」と名乗っているが、彼らの使命はあくまで『王』の護衛。

女王は王が生まれるまで守る対象なだけということを覚えておこう!←

ハンターハンター20巻より

一方、何とか『練』を3時間維持できるようになったゴンたちだが、3時間維持した後は体力を消耗しすぎて、立ち上がることすら困難らしい。

しかし、そんな中「ナックルと戦いに行け」というビスケw(鬼すぎw)

言われるがままナックルの元に向かうゴンキルア(行くんかいw)

ハンターハンター20巻より

ゴンたちを見たナックルは不気味な雰囲気を放つ。

一体、この雰囲気のどういう感情!?

ハンターハンター20巻④:ジャイロ編突入!

自分たちから仕掛けたものの、ナックルの威圧感に動けなくなってしまう2人。

ハンターハンター20巻より

疲れ切っている2人に対してアドバイスしているようにも見えるが・・・?

「お前らなんかに一生負けねぇ、俺を殴れ!格の違いを思い知らせてやるよ」

そんなセリフを2人に向けて放つ。

ゴンは腹を立てるが、自分が格下なので言い返すことができない。

そして、ナックルを全力で殴ることにするゴン。

ハンターハンター20巻より

いきなり、とんでもないオーラ量(割と化け物レベル)を練り出すゴンに焦るナックルw

『硬』を使わないと死ぬレベルだが、場所を間違えれば死が待っている。

まさか、いきなり死の危機を迎えることになるとは想像もしてなかった様子w

結果、ゴンを信じて腹に『硬』でなんとか助かるナックルに対して、キルアは「100%ただのバカ」と表現。

ハンターハンター20巻より

そして、話が急に謎の『ジャイロ』という人物にシフトする。

果たして、彼は一体何者なのか!?

次の話はジャイロについて大半が描かれる。

ハンターハンター20巻⑤:ジャイロ編終了!

ジャイロは父親が原因で7歳までロクに言葉を話せなかった。

当時のジャイロにとって、父親は神に等しい存在。

ひどい扱いを受けても、幼いジャイロは父親を慕っていたいい子である。

ハンターハンター20巻より

自分が死に瀕した時に父親が助けてくれた過去と「出ていけ」と言われたことがないことにジャイロは誇りを感じていたが・・・。

ハンターハンター20巻より

心ない青年がジャイロに真実を言い放つ。

そして、追い討ちをかけるようにジャイロは信じられないものを見る。

ハンターハンター20巻より

ジャイロと目が合うが、全く反応を示さない父。

ハンターハンター20巻より

何なんだ・・・

この精神を異様に揺さぶる表現は・・・?

ジャイロはこの出来事を通じて「オレは人間じゃなかったんだ」と自覚する。

もちろん、この時は比喩だが、キメラアントに食われたジャイロは完全に人では亡くなった。

ハンターハンター20巻より

ジャイロに関しては、結局36巻に到達した今でも何も語られていない。

ジャイロの正体とは!?徹底考察!

ハンターハンター20巻⑥:それぞれの猶予

疲れ果てた状態ではナックルに全く歯が立たない2人。

そんなヘトヘトの2人を帰り道で襲撃しようとするシュートだが・・・。

ハンターハンター20巻より

シュートは精神的に弱気で、絶対に勝てる場合でもチャンスを逃してしまう。

ナックル、シュートともに実力はかなりのものだが、モラウから認められないのは、2人とも精神的な弱さがあるからだ。

つまり、ゴンキルアだけでなく、この刺客の采配は両陣営に意味があるものとなっている。

4人とも大きくなれよ!←

ハンターハンター20巻より

修行の成果が全く出せない2人にパームは殺意(?)が漏れ出る。

しかし、ゴンはパームのあしらいスキルが上昇し、むしろパームと仲良くなっていくw

12歳にときめく年齢不詳の不気味女ヤバすぎる・・・。

ハンターハンター20巻より

そして、ネテロ会長は順調にキメラアントの討伐を進めていた。

最初からネテロがいれば、自体はここまで大きくならなかっただろう・・・。

ハンターハンター20巻より

ゴンたち・ネテロ・キメラアント、全ての陣営が新たな展開を迎えようとしている。

ハンターハンター20巻前半 まとめ

個人的に20巻はジャイロに物凄く意識が持っていかれる。

キメラアント編という異質な物語の中でも、決して遜色のない存在感をたった1話で読者に感じさせる冨樫先生は天才(何回言わせんねん)

一応、キメラアント編の中でジャイロは全く出てこないわけではない。

その足跡が、これからのハンターハンターにどんな影響を与えるのかは神(冨樫)のみぞ知る!

20巻の後半もよろしく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました