総選挙編完結!ハンターハンター32巻前半【感想・ネタバレ】

ハンターハンター32巻 HUNTER×HUNTER
ハンターハンター32巻
スポンサーリンク

この記事では、僕の大好きなHUNTER×HUNTERの感想と考察を書いています。

漫画を読むのが面倒くさい方はサクッと読んでみてください。

この記事はネタバレを含みます。

ハンターハンター感想・ネタバレ

1巻2巻3巻4巻5巻6巻
7巻8巻9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻17巻18巻
19巻20巻21巻22巻23巻24巻
25巻26巻27巻28巻29巻30巻
31巻32巻33巻34巻35巻36巻

ハンターハンター32巻前半【感想・ネタバレ】

32巻は最終巻といっても過言ではないぐらい話がまとまった一冊となっているぞ!

総選挙編の結果。

ゴンのその後。

アルカとナニカの問題。

全てがこの巻で解決する!

そんな気になる32巻を早速見て行こう!

ハンターハンター32巻①:エックスデー

選挙会場の廊下を歩くジンの前に立ち塞がるチードル。

ビーンズから、明日ジンが旅立つと聞いたので文句があるらしい。

「選挙もゴンも放り放し?」

チードルのそんな質問に「もう決まっただろ?レオリオに出会ったことが1番の収穫」と返事をするジン。

しかし、選挙はまだ4人に絞られただけ。

どうやら、ジンにはチードルが見えていない結果まで見えているようだ。

理解が追いつかないチードルに「選挙に勝ちたかったら、十二支んの票は全てチードルに集めて、テラデインの票も取り込み、どんな汚い手を使っても2回目か3回目にはクリアしとくべきだった」と説明する。

「そんなの結果論だ!」と反発するチードルだが、先にジンが伝えると意地でも言う通りにしないらしい。(タチ悪すぎやろ)

ジンは「結果論だと思うのは勝手だよ。Xデーまでそのまんま思ってろ」と気になる発言を残し、立ち去ろうとするが「言う通りにするわよ、どうすればいいの?」と、なぜか上から目線で助言を乞うチードル。(タチ悪すぎやろ)

パリストンが何を考えているか説明するジン。

「アイツは勝とうとも負けようとも思っていない、だから強い」

「お前は間違っていない、正解だよ」

「正解だから読まれやすい」

「今回みたいな票取りゲームは特にだ」

「ゲーム」という言葉に不謹慎だと反応するチードルに「お前、今不謹慎だと思っただろ?」と言い当てるジン。

「今、選挙で残っている上位4人でネテロの意志を継いでるのはパリストンだけだ」という発言にブチギレるチードルだが、続けて「パリストンに嫉妬してんだろ?そんなにあのエロジジイ好きか?」と煽られる。

ハンターハンター32巻より

「調子乗んな!根無草のバカが!」

落ち着いた雰囲気のチードルだったが、元々は口がすごく悪く、戌のキャラを装っているだけなのかもしれない。

ハンターハンター32巻より

そして、ついにゴンのいる病院までたどり着いたキルア

ツボネの手を治し、疲れたアルカが自然に起きるまで待つことになる。

ハンターハンター32巻②:名演説

再び選挙が始まり、会場は上位4名の演説時間となった。

ミザイストムはパリストンを落選させるために捨て石となり、チードルに票を入れてくれと話す。

続いてチードルはレオリオに票を入れてくれと話した。

驚愕するミザイストム。(そらそうやわw)

多分、これは策略というよりもチードルがパリストンの思惑に乗らないための抵抗だったのだろう。

しかし、レオリオの演説により、抵抗は策略へと変わる。

ハンターハンター32巻より

選挙なんてどうでもいいレオリオは「オレが会長になったらハンター協会を私物化する!」

「最初に出す指令はゴンを助けるためにすぐに動け!」

「ゴンは今死にかけてる」

「仲間なのに友達なのにそれを知ったのは最近だ」

「あいつはオレが自分のために行動してる間、ずっと誰かのために戦っていた」

「前会長と仲間達と一緒に」

「その中の1人はゴンを助けるため、まだ命懸けで戦ってる」

「オレはゴンに声をかけることしかできない」

「だから会長になってもお前らに声をかけ続ける」

「ゴンを助けてくれ!とにかく考えろ!思いついたら動け!」

「オレにできることがあるなら言え、なんでもやる」

話を聞きながらチードルは気づく。

なぜジンがレオリオの攻撃を避けなかったのかを。

ハンターハンター32巻より

演説の最中、アルカは目が覚めた。

「『お願い』は同じ人物が2回連続では行えない」というルールがキルアには当てはまらないことに引っかかるイルミ。

アルカの能力を支配したいイルミの考えを「殺し道からすら外れた邪な野心」と表現するツボネ。

それとも、ゾルティック家のことを指しているのだろうか?

ハンターハンター32巻より

キルアはゴンを治す『お願い』をした後、誰にもナニカに二度と『お願い』させるつもりはないらしい。

目が覚めたアルカ。

ゴンを治してくれと頼むキルア。

果たして・・・

ハンターハンター32巻③:爆笑するイルミ

ミザイストムはチードルに票を入れてくれと言い、チードルはレオリオに票を入れてくれと言い、レオリオは協会を私物化すると言い、今度はパリストンがミザイストムに票を入れてくれと言い出す。(十二支ん大丈夫か?w)

これによって、レオリオに入るはずだった票が少し入り、選挙が一回先に伸びることになる。

またパリストンの考えが分からなくなったチードルは、ジンの方を見るが教えるつもりはないということか眠っていた。

その頃、キルアはゴンを治すためにミイラのようになった手を取り出し、顔を歪ませた。

ハンターハンター32巻より

そして・・・

ついにナニカがゴンを治す。

すると、とんでもないエネルギーが放出され周囲は驚愕する。

遠くから見ていたイルミは作中で初めての大爆笑。

ハンターハンター32巻より

(このシーン、アニメだといい演出になってる)

ナニカのエネルギーは選挙会場に届き、十二支んも反応を示す。

パリストンは何かを確信したような笑みを浮かべた。

選挙はレオリオとパリストンの2人だけとなり、再開される。

ハンターハンター32巻④:ゴンの復活と完敗

パリストンは「会長になったら何をしますか?」とレオリオに改めて質問する。

「ゴンを助ける」と聞いた後、会場の扉を見て「このタイミングが一番だったんだけど・・・。まぁ、やっぱりボクは神様じゃない」とよく分からないことを考えるパリストン。

突然、緊急動議を発令した。

ハンター十箇条の見直しである。

あちこちから色んな声が上がる中、レオリオが「オレは一刻も早くゴンを助けてーって言ってるだろ!」と言った瞬間、モラウが会場のドアを開けた。

そして、姿を現すゴン。

拍手で沸く会場内。

これでレオリオが会長をする理由がなくなった。

つまり、パリストンは最初からこの瞬間を待っていたのだ。

全てのパフォーマンスは時間を稼ぐため。

チードルはパリストンに、いつからこうなることを予測していたのかを尋ねるが、返ってきた答えは信じられないものだった。

ジンが立候補すると言った時、すでにこの場面が頭に浮かんでいたらしい。

ただ、壇上に立っていたのはジンとパリストンで、勝ったのはジンだったらしい。

ゴンを選挙で利用されたら決してパリストンは勝てなかった。

つまり、ジンが「立候補する」と言った時点でパリストンは完敗していたのだ。

ハンターハンター32巻より

(アニメだと、この時のチードルの身長、パリストンの半分ぐらいしかないw)

だが、ジンが選挙を降りてレオリオが登場した時、今の絵が完成したのだと告げた。

パリストンはジンを敵として認めている。

そのジンが「ゴンは治る」と言ったなら、それを信じるパリストンは男前。

ハンターハンター32巻より

大歓声の中、ゴンはジンを見つける。

多分、選挙が終わるまで会場から出られないと知った時、ヤバいと思ったのはこのことだろう。

どうするジン!?

ハンターハンター32巻⑤:会長になったのはチードル

ジンを見つけたゴンは号泣しながら、カイトに起こった出来事を伝え謝罪した。

要領の得ない説明にあたふたするジン。

周りの人間は「あのジンがあたふたしている!」と言っていることから、かなり珍しいのだろう。

しかし「本当はオレが死ぬべきだった」というゴンのセリフで我に返り、「それは違う」と話すジン。

「とにかく今はカイトに謝ってこい」と仲間に謝る時のルールを教えた。

カイトの元へ行く前に、ゴンはまた話せるか確認をするが「難しい」と返事をしたら、会場から大ブーイングが起こり「待っててやる」と言質を得るゴン。

ハンターハンター32巻より

騒がしくなる会場を静めるチードル(空気読めない人)はゴンに尋ねようとするが、パリストンに「私とレオリオのどっちが会長に相応しい?」と遮られる。

ゴンはパリストンを指名した。

理由はレオリオは医者を目指しているから。

選挙の結果、パリストンが会長となり、副会長にチードルを指名し、会長をやめると発表して会場を去っていく。

ハンターハンター32巻より

腹を立てる十二支ん。

指名されたチードルの怒りは頂点に達し、パリストンを追いかける。

「ボクは会長になりたかったわけじゃない」

「会長の邪魔をしたかっただけ」

「ボクが茶々を入れると会長は本当に嬉しそうに困ってた」

「もっと、会長と遊びたかった」

半ばチードルを無視したように1人で呟き、泣きそうな顔で振り返るパリストン。

ハンターハンター32巻より

すぐにいつものパリストンに戻り

「ハンター試験と10ヶ条の改正はお早めに」

「あなたの協会が退屈なものだったら、本気でおちょくる」と強い顔つきで言い、会場を後にした。

ハンターハンター32巻より

そして、アルカを奪いにきたイルミとキルア

果たして・・・?

ハンターハンター32巻前半 まとめ

なんだか32巻には、たくさんの伏線が入っている気がする。

ジンのXデーと、パリストンの10ヶ条の改正。

後はイルミの邪な野心。

大きな物語に繋がるかは微妙だけど、今後のキャラクターたちのバックグラウンドに影響を与えるはず!

それと復活してからのゴンの絵が変わった。

作画的な問題かとも思ったけど、他のキャラは普段通りで、ゴンだけがやけに雑?というか幼いのだ。

なんでだろう?

まさか・・・!?←なんやねん

後半でまた会おう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました