全貌!クラピカについて徹底解説&考察【強さ・念能力・性別】

クラピカ徹底解説 HUNTER×HUNTER
クラピカ徹底解説

ハンターハンターが大好きで、ずっと読み続けている僕が『クラピカ』について徹底解説&考察していくぞ!

この記事を読めば、クラピカの全てが理解できる。

ハンターハンター感想・ネタバレ

1巻2巻3巻4巻5巻6巻
7巻8巻9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻17巻18巻
19巻20巻21巻22巻23巻24巻
25巻26巻27巻28巻29巻30巻
31巻32巻33巻34巻35巻36巻

クラピカについて徹底解説

ハンターハンター33巻
ハンターハンター33巻
クラピカのプロフィール
  • 年齢:17歳
  • 性格:合理主義者・神経質
  • 誕生日:4月4日
  • 身長:171cm
  • 体重:59kg
  • 血液型:AB型
  • 念系統:具現化系・特質系
  • 能力:鎖を状況に応じて使い分ける

クラピカについて①:性格

クラピカの性格は至って冷静沈着で、常に合理的に物事を考える。

しかし、復讐の対象である『幻影旅団』を前にすると話は別。

怒りで冷静さを失い、目の前のことが見えなくなってしまう。

そのせいで、12巻ではゴンキルアの命を危険に晒してしまった経験がある。

また、幻影旅団のシンボルマークでもある、クモや幻影旅団を思わせるものに対しても、激しい怒りを見せた。

元々はゴンのように、様々な事柄に興味を示す好奇心旺盛な性格で、クルタ族の長老に向かって「クソジジイ」と暴言を吐くなど粗暴な部分もあった。

しかし、一族を壊滅させられてから人が変わり、本当の自分を曝け出さなくなってしまう。

天然で人を煽るクセがあり、初対面の相手を高確率で怒らせるのは、昔の名残りかもしれない。

1巻では、初対面のレオリオと殺し合い寸前までことが運んだ。

クラピカについて②:念能力

クラピカの念系統は基本『具現化系』で、緋の目になった時のみ『特質系』に代わり、オーラの絶対量が増え、全系統を100%引き出す『絶対時間エンペラータイム』になることができる。(チート)

念能力は鎖を具現化し、右手の親指〜小指にそれぞれ違った能力を備わせた5つの能力を使い分ける。

癒す親指の鎖ホーリーチェーン

ハンターハンター10巻
ハンターハンター10巻

恐らく、強化系の特性を活かした自己治癒力を強化する能力。

鎖の先端を患部に当てることで、治癒を施す。

ウヴォーギンの全力を出した『ビッグバンインパクト』で粉々に砕かれた腕も一瞬で完治させるほどの高性能。

制約はエンペラータイム発動時のみ?(不明)

初めて使用したのは10巻

奪う人差し指の鎖スチールチェーン

ハンターハンター35巻
ハンターハンター35巻

鎖の先端を対象者に刺し、オーラと能力を奪う能力。(強すぎ)

奪った能力は具現化された『機械っぽいイルカ』に搭載することで、解析し1度だけ自分で使用することが可能。

また、自分だけでなく、他人にも奪った能力を付与することができ、念が目覚めていない人物にも渡すことができる。

ただし、能力をイルカにセットしてしまうと、奪った能力は1度使うまで解除することができないため、発動条件が困難なものであれば、永遠に解除することができない。

奪った能力を扱うには、エンペラータイムが必須条件。

そして、奪った能力を保持している限り、エンペラータイムは強制的に続く。

初めて使用したのは35巻

また余談だが、33巻の表紙では、スチールチェーンを示唆するようにイルカとクラピカが描かれている。

束縛する中指の鎖チェーンジェイル

ハンターハンター9巻
ハンターハンター9巻

対幻影旅団用の能力。

チェーンジェイルの拘束された者は、強制的に『絶』の状態にされる。

つまり、肉体の力のみで鎖を断ち切らなければいけないが、作中トップクラスの肉体を持つウヴォーギンでさえ、鎖を断ち切ることは叶わなかった。

また、念により具現化された鎖なので『隠』で見えにくくすることも可能。

制約と誓約によって、旅団以外の者に使用した場合、クラピカは命を落とす。

それと、鎖を手放すことができない。

初めて使用したのは9巻

導く薬指の鎖ダウジングチェーン

ハンターハンター8巻
ハンターハンター8巻

ダウジングチェーンは、さまざまな事柄を探知する能力。

鎖の先端の球をぶら下げ、クラピカの探知したいことに対して、揺れて反応する。

例えば

クラピカの質問に偽りで答えると、鎖が揺れて反応したり、対象者を探したい時は、地図の上にダウジングチェーンを吊るすと、対象者がいる場所で揺れて教えてくれる。

能力の仕組みについては、クラピカ自身も完全に把握していない。

一度会ってさえいれば、エンペラータイム発動時に画面越しでも、真偽の判別が可能。

初めて使用したのは8巻

律する小指の鎖ジャッジメントチェーン

ハンターハンター12巻
ハンターハンター12巻

ジャッジメントチェーンは、対象者の心臓に鎖を巻き付け、クラピカの定めたルールを破ると、鎖が心臓を握り潰す能力。

エンペラータイムを発動している時にしか使用できないが、旅団以外の者にも使用することが使うことができる。

鎖の先端が刃となっていて、ルールを破らなくても刺された時点で十分痛そう。

初めて使用したのは10巻

クラピカについて③:強さ

ハンターハンター3巻
ハンターハンター3巻

ハッキリ言って、クラピカの才能はゴンキルア以上だと思う。

能力を対旅団向けにしてしまったから、使い方に制限が限られてしまうが、それを差し引いてもかなりの強さを誇る。

まず、基本的なスペックが全体的に高め。

そして、念が使えない頃から、緋の目になれば戦闘能力が大幅に上昇する体質。

何といっても、頭の良さがずば抜けていて、十二支んを翻弄し続けたパリストンも「相当、優秀」と評していた。

ウヴォーギンVSクラピカ

ハンターハンター9巻
ハンターハンター9巻

クラピカの才能がゴンたち以上と思うのは、ウヴォー戦だ。

グリードアイランドでゴンたちは、オーラの応用やオーラの総量を増やす訓練を長期間繰り返し、策を練りまくって、ゲンスルーにギリギリ勝てた。

なのに、いくら旅団向けの能力を持っているといっても、ゴンたちと同時期に念を覚えたクラピカが旅団の戦闘員に勝つというのは、やっぱり異常。

どれだけオーラの総量を増やしても、オーラの攻防力移動がスムーズにできなければ、話にならないからだ。

17巻でも、レイザーが「オーラの攻防力移動は基礎であると同時に奥義」と言っている。

だから、攻防力移動がスムーズにできないゴンは強化系なのに、具現化系のゲンスルーにボコボコにされてしまった。

もし、ゲンスルーとウヴォーギンが戦えば、ゲンスルーは恐らく瞬殺されると僕は予想している。(もちろん能力の相性もあるけど)

そして、グリードアイランド時点では、ゴンがどんなに策を練っても、ウヴォーギンには勝てなかっただろう。

そのウヴォーギンとタイマンで勝てたクラピカは、攻防力移動などもかなりの精度でできていたはずだ。

でなければ、本気の『ビッグバンインパクト』を防ぐこともできない。

以上のことから、クラピカの才能はゴンやキルアを上回っていると僕は予想した。

反則級の絶対時間エンペラータイム

ハンターハンター9巻
ハンターハンター9巻より

才能だけでも、ゴンやキルア以上なのにも関わらず、クラピカには『絶対時間エンペラータイム』という反則級の状態がある。

エンペラータイム中は、全系統を100%引き出すことができる。

対旅団用の能力になんてしなければ、極めて汎用性が高く、十二支んを超える優秀なハンターとなっていただろう。

何せ、一人で5人分の能力を保有できるのと同じだからだ。

しかも、念系統全てを100%引き出せるなんて通常ではあり得ないので、クラピカと戦う相手はひたすら「え?何コイツ!?何で!?ありえへん!え!?」って感じで倒されることになる。(多分なる)

クラピカについて④:クルタ族と幻影旅団

クルタ族は森の奥地に住む民族で、感情が昂ると目が緋色になり、理性を失って凄い力を発揮する。

その様子を恐れた者たちが『赤目の化物』や『悪魔の使い』と呼び、差別や偏見が森の外では広がっていたので、森から出るのは掟で禁止されていた。

当時、子供だったクラピカは、目と足が不自由な友人『パイロ』を外の世界の医者に直してもらうため、長老の出した試験をクリアして森を旅立ち、その6週間後にクルタ族は皆殺しにされてしまう。

クルタ族は緋の目のまま死ぬと、瞳の色がそのまま残り、闇の世界で高値で売れるため、死体からは1つ残らず目がくり抜かれていた。

その事実を知った、クラピカは『幻影旅団』に復讐を果たすことと、世界に散らばった仲間の目を取り戻すことが人生の目的となる。

しかし、この事件には謎も多く、後半で詳しく考察していこうと思う。

クラピカについて徹底考察

ここからはクラピカについて考察していく!

クラピカに関することを妄想も交えながら、色々読み解いていくー!

クラピカの考察①:「全員死にます」の意味

ハンターハンター0巻
ハンターハンター0巻

ハンターハンター劇場版でもらえる0巻の最後に、冨樫先生の一問一答コーナーがあり、そこで「クラピカと幻影旅団はどうなりますか?」という問いに対して「全員死にます」という驚愕の答えを残している。

僕はこれに関して、考察する余地はないのかな?と思っている。

多分、冨樫先生のいう通り、全員死ぬ。

問題はどのタイミングで死ぬかだ。

僕の予想は、暗黒大陸に到着する前。

クラピカの新たな制約も考慮すると、船の中で命を散らせる可能性は非常に高い。(というか、王位継承戦では、主要キャラを含めてかなりの人間が死ぬと僕は考えている)

クラピカの考察②:クルタ族を殺した黒幕

クラピカは、幻影旅団がクルタ族を殺したと語っていたが、クラピカは一体どこから情報を得たのだろうか?

僕はクルタ族が全滅した事件には黒幕がいると考えている。

9巻でウヴォーギンの「その目、思い出したぜ。キレると目が赤くなる奴ら。どっかの奥地でコソコソと暮らしてた。団長がいたく気に入ってたぜ。ありゃあ大仕事だった、あいつら強かったな」という発言や

クロロの「俺たちへの復讐」という発言から、幻影旅団がクルタ族殺しに関与していたのは確実。

確かに幻影旅団はとんでもない悪党集団だが、作中で殺す以外に残酷なことを行なっているのは拷問担当のフェイタンだけだ。

時にはゴンとキルアを見逃したり、キメラアントに変えられてしまった流星街の住人に喝を入れたりなど、若干人の心が残っている部分もあることから、本当に拷問をした上に全滅させるか疑問が残る。

残酷な考え方だが、緋の目が目的だというのであれば、絶滅させるよりも生かしておいた方が量産できるし、あまり頭の良い行動とは思えない。

なぜ分からない?

幻影旅団は頭はおかしいが頭は悪くないので、あまり作中のイメージとは一致しない。

じゃあ、もし拷問を厭わない、緋の目を独占したい者ならどうだろう?

クルタ族を絶滅させる理由になるのではないだろうか?

緋の目を独占し、拷問を厭わないイメージにピッタリなのは『ツェリードニヒ』だ。

なので、クルタ族の全滅には『幻影旅団』『流星街』『カキン』が関わっていると僕は予想している。

そしてカキンが黒幕である可能性は高い。

イメージとしては

  1. ツェリードニヒ「緋の目が欲しい!」
  2. カキンが流星街にクルタ族の何かしらの情報をリーク
  3. 流星街「報復だ!でも、あいつら強いし、幻影旅団に頼もう!」
  4. 幻影旅団「やるか」
  5. カキン「よし、こっそりついて行ってクルタ族弱ったところ拷問して緋の目奪うで」

雑だけど、こんな感じと予想。

シーラも怪しいけど、シーラの考察はまた別の記事に書く!

シーラについて考察した記事

クラピカの考察③:クラピカ理論

ハンターハンター2巻
ハンターハンター2巻

クラピカがハンター試験の時「人は無意識に左を選択するケースが多い」という言っていて、それをクラピカ理論とネット上では呼ばれている。

クラピカ理論が正しいのか、Twitterで試してみたところ・・・

全然、正しくなかったw

もしかしたら、選択した人たちが予めクラピカ理論を知っていた場合、右を選択していた可能性も否めないが、そんな訳がない←

クラピカの考察④:性別

ハンターハンター0巻
ハンターハンター0巻より

アルカの記事にも書いたけどクラピカの性別は男で間違いない。

というか正直、クラピカの性別がネットで議論されてると知るまで、男としか思ってなかった。

だけど、せっかくなので少し考察してみる。

クラピカが女と思える根拠は

クラピカが女と呼ばれる根拠
  • マジでない

根拠は何一つない。

  • 見た目が中性的
  • 一人称が「私」
  • 声優が女性

という理由でクラピカ女性説が出たのだ。

割とめちゃくちゃだ。

クラピカ女説は面白いとは思うけど、クラピカは男で間違いない。(2回目)

逆に男としての根拠はいくつかある。

クラピカが男である根拠
  • 心の中での一人称が「オレ」(子供の頃はずっとオレ)
  • ハンター協会公式発行ハンターズガイドには彼と書かれている
  • 0巻の紹介でも「少年」と書かれている
  • 男好きのビスケが33巻でクラピカに照れている

など。

根拠もだけど、ハンターハンターを読んでいても、クラピカを女だと感じさせるシーンなんて出てこない。

もし、クラピカが女ならレオリオにも幻滅する。

クラピカの考察⑤:寿命

ハンターハンター35巻
ハンターハンター35巻より

エンペラータイム中は特質系となり、全系統を100%引き出すことができるが『1秒使用するごとに1時間寿命が縮む』ということが35巻で発覚した。

しかし、この制約を設けたのは船に乗ってからか、船に乗る少し前だと僕は予想している。

なぜなら、船に乗るまでのクラピカは割と緊急じゃなくても、エンペラータイムを使用しているからだ。

例えば、12巻でゴンにジャッジメントチェーンの説明をしている時や、33巻でダウジングチェーンを使い嘘をついている者を見抜く時など。

100歩譲って、嘘を見抜くのは良いとして、その後にダウジングチェーンの説明をするときは解除するだろう。(そもそも、制約があるなら嘘を見抜くのも提案しないと思うけど)

だが、35巻からはエンペラータイム発動時、明らかに時間を意識している上に「制約を設けても負担すら軽くならないのか」と初めて知った感が凄い。

恐らく、どこかのタイミングで新たに設けた制約だろう。

もし、渡航を始めたタイミングでの制約なのだとしたら、クラピカの寿命は5年短くなってしまっている。

クラピカについて徹底解説&考察 まとめ

ハンターハンター33巻
ハンターハンター33巻

ゴンとキルア以上の才能を持つクラピカ。

復讐に取り憑かれたままの人生なら、彼に明るい未来は待っていないだろう。

でも、僕は1つ思いついてしまったのだ。

クラピカが幸せになれる方法を!

それは・・・

ナニカに「クルタ族復活させて」でOK!←

冗談はさておき、クラピカは本当に死んでしまうかもしれない。

チート級の強さも途中退場するという前提なら、納得がいくからだ。

いやー、ゴン・キルア・クラピカ・レオリオの4人で旅に出ることはないのかなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました