ギタラクルの正体!ハンターハンター3巻後半【感想・ネタバレ】

ハンターハンター3巻 HUNTER×HUNTER
ハンターハンター3巻より
スポンサーリンク

この記事では、僕の大好きなHUNTER×HUNTERの感想と考察を書いています。

漫画を読むのが面倒くさい方はサクッと読んでみてください。

この記事はネタバレを含みます。

ハンターハンター感想・ネタバレ

1巻2巻3巻4巻5巻6巻
7巻8巻9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻17巻18巻
19巻20巻21巻22巻23巻24巻
25巻26巻27巻28巻29巻30巻
31巻32巻33巻34巻35巻36巻

ハンターハンター3巻後半【感想・ネタバレ】

ある意味、天空闘技場での戦いを終わらせたメンバーは、賭けに負けた50時間を休憩室見たいなところで過ごすことになる。(改めて考えると50時間ってめちゃくちゃ長いな)

制限時間は10時間を切っていて、ダンジョンのような塔をひたすら歩み続け、残り60分を切ったところでレオリオのブチ切れ定期。する前に『最後の別れ道』に出会す。

最後の分かれ道は↓

ハンターハンター3巻
HUNTER×HUNTER 3巻より

性格悪すぎ。

ゴンは5人でゴール。

他のメンバーは全員3人の道を選ぶと宣言。

そして結果は↓

ハンターハンター3巻
HUNTER×HUNTER 3巻より

「え?誰?」って誰もが思ったはず。(多分、プーハットの弟

そんなフェイントを入れつつ、最後に扉から出てきたのはゴンキルアクラピカの3人。

と見せかけて、全員。(何回フェイント入れるねん)

全員がクリアできたのはゴンのおかげ。

ハンターハンター3巻
HUNTER×HUNTER 3巻より

クラピカ、いつも心の中でめっちゃ褒める。

ということで、塔のクリア人数25名!(内1人死亡)

ハンターハンター3巻⑥:狩るものと狩られるもの

第3次試験はゼビル島という無人島の中で1週間、サバイバルをしつつプレートの奪い合い。

合格条件は6点分のプレートを集めること。

自分のプレートが3点・予めクジで引いたターゲットのプレートが3点・それ以外のプレート1点。

つまり、誰もがターゲットで誰もがハンターとなる。

ここで物語を盛り上げるため、運が悪くなる主人公の宿命が発動!

なんとゴンのターゲットはヒソカ

ヒソカのターゲットはコイツ↓(ゴンを狙ってる)

ハンターハンター3巻
HUNTER×HUNTER 3巻より

誰やねん。こっち見んな。

そして、始まる3次試験!

※ちなみに、ここまで残れた受験生は全員、来年の受験も無条件で試験会場まで来れる招待状がもらえる。(恐らく、冨樫先生すら忘れてる設定)

ハンターハンター3巻⑦:ポックルは悲惨な未来を辿る

どうやってヒソカからプレートを奪うか木の上で考えてるゴンは、ポックルがターゲットを狙っているところを目撃する。

モブ同士の小競り合いが妙に面白い。

ハンターハンター3巻
HUNTER×HUNTER 3巻より

おい、鼻どうした!?

微かな殺気を感じ取ったポックルのターゲット(鼻デカマン)は矢をギリギリ躱したが切っ先が肩を掠めてしまう。

矢には1週間はまともに歩けなくなってしまう即効性の毒が塗られていて、鼻デカマンはその場で倒れる。(普通に危なすぎ、無限四刀流の剣にもこの毒塗ってたらヒソカに勝てたやろ。)

ポックルのトラウマ回

その様子を観察していたゴンは、ヒソカからプレートを奪う方法を思いつく。

その方法は『気づかれないように近づいて、スキを見て、奪う!!』←ヒネり無さすぎ!そのまんまやないか!

確実に的を当てられるように竿の扱いを練習するゴン。

ハンターハンター3巻
HUNTER×HUNTER 3巻より

釣竿で鳥を捕まえるなんて話聞いたことないけど、道具は正しい使い方をしましょう。

ハンターハンター3巻⑧:レオリオVSトンパ&モブ

練習のおかげで完璧に鳥を捕まえることができるようになったゴン。

後は、ヒソカを見つけるだけ!

見つけ方は人の血液に惹かれる蝶を糸で結び、ヒソカの元まで連れて行ってくれるまで、蝶にひたすらついていくという不確実性極まりない作戦。

しかし、そこは主人公、すぐにヒソカを見つける。

この頃から、ゴンは『絶』を自然と使えたようでヒソカ曰く「野生の獣並み」らしい。

そして、場面は変わってレオリオとトンパの対面。

ハンターハンター3巻
HUNTER×HUNTER 3巻より

この2人、なんだかんだ仲良いよね。

これは実はトンパの演技で、もう1人のモブとタッグでレオリオを嵌めようとしてたが、クラピカのおかげで何とか助かる。

そして、クラピカはレオリオに組まないかと提案を持ちかける。

ハンターハンター3巻⑨:モブの大活躍時代に突入

ここからは、アモリ三兄弟・ヒゲのおっさん・ポンズとしばらく、モブが華麗にやられていくシーンが連発する。

ハンターハンター3巻
HUNTER×HUNTER 3巻より

このおっさん陰獣よりも活躍したね。

最後はギタラクル(イルミ)にとどめを刺される。

実は、ギタラクルの正体はキルアの兄弟で長男(イルミ=ゾルティック

仲良さそうにヒソカとイルミは会話してるけど、未だにヒソカとイルミがどこで関わったのかは不明のまま。

ハンターハンター3巻
HUNTER×HUNTER 3巻より

これは念なのかな?何となく念じゃなさそうだけど・・・

モブの活躍が終了後、ヒソカが動き出すところで3巻は終わる。

ハンターハンター3巻後半 感想

また、しばらく戦闘はあまり起こらずに失速する感じがする。

仮に戦闘があっても、この頃の戦闘は念能力という概念がないから心理的描写だけになってしまい、純粋な戦闘だけの深みはまだまだ出てこない。

とはいえ、逆に複雑な能力に頭を使わずに済むのはメリット(?)になるかも。

僕はもう、めちゃくちゃ考えたいけど、みんなはどんなんだろう・・・

後、水見式を実際にやったことがある人ってどれぐらい、いるのだろうか?

4巻もお楽しみに!

僕はないよ!←

コメント

  1. […] 合わせて読みたい記事 ⇨ハンターハンター3巻後半【感想・ネタバレ】 […]

タイトルとURLをコピーしました