キルアついに覚醒!ハンターハンター21巻後半【感想・ネタバレ】

ハンターハンター21巻 HUNTER×HUNTER
ハンターハンター21巻より
スポンサーリンク

この記事では、僕の大好きなHUNTER×HUNTERの感想と考察を書いています。

漫画を読むのが面倒くさい方はサクッと読んでみてください。

この記事はネタバレを含みます。

ハンターハンター感想・ネタバレ

1巻2巻3巻4巻5巻6巻
7巻8巻9巻10巻11巻12巻
13巻14巻15巻16巻17巻18巻
19巻20巻21巻22巻23巻24巻
25巻26巻27巻28巻29巻30巻
31巻32巻33巻34巻35巻36巻

ハンターハンター21巻後半【感想・ネタバレ】

前半では、キメラアントの王が誕生し、それに伴ってキメラアントたちが世界各地へ散って行くこととなった。

一方、ゴンは30日間念の使えない状態になってしまう。

キルアは1ヶ月間ゴンを守り抜くことができるのか!?

そして、王の行方は!?

早速、見ていこう!

ハンターハンター21巻⑦:美女現る

パームとの初デートの準備をするために山奥に来ていたゴンとキルア。

念が使えないゴンから目を離すわけにいかないキルアは、ほぼ付きっきり。

ゴンももう少し気を使え。

ハンターハンター21巻より

一方、足がめちゃくちゃ早い『ヂートゥ』は街で大暴れしていた。

警察が駆けつけ、対抗するが全く歯が立たない。

ヂートゥはチーターの特性を色濃く引き継いでる様子。

普通のチーターでも時速110kmで走ることができるから、虫のスタミナと瞬発力を加えれば、まさにスピードキングになり得る。

(NGLにチーターがおるかは、甚だ疑問だけどw)

ピストルの弾でさえ、ほとんど止まって見えているのか?

警察全員の指を切り落とし食べ、その場を去っていく。

そして、いよいよ初デートのゴンとパーム。

ほとんど別人として登場するパームに思わずツッコミを入れるキルアw

ハンターハンター21巻より

髪の色すら変わってるし、マジで別人w

このキルアなんか可愛いw↓

ハンターハンター21巻より

キルアは本当に健気やなぁ。

初めてできた友達(ゴン)はキルアにとって、かけがえのない存在というのは言うまでもないだろう。

そんな存在をいつか見殺しにすると言い放つビスケは鬼畜師匠すぎる・・・。

ハンターハンター21巻より

ゴンはゴンで、パームを説得しようとするが、キメラアント化したのかと思うほどの形相に変わるw←伏線やで。

ハンターハンター21巻⑧:ラモットとの再会

ゴンとパームがデートしてる中、キメラアントの気配を感じ取り、2人との距離を引き離すことに成功したキルア。

なんと、キメラアントの正体は19巻で初めて対峙したラモットだった。

巡り合わせは分からないもんだねぇ。

ハンターハンター21巻より

念なしでも十分強かったラモットだが、念を覚えてどれぐらい強くなったのだろう・・・?

シュートとの対決で、呪縛に反発したからなのか、確実にキルアの中の声が大きくなっている。

ハンターハンター21巻より

キルアの怯える表情を見て興奮するラモット。(キモすぎw)

コイツは間違いなくクスリやってる。

ハンターハンター21巻より

常人には理解できない感覚と表情。

完全なるサイコパシー。

このままキルアはやられてしまうのか?

ハンターハンター21巻より

呪縛によって、逃げ出したい気持ちと、友達を失いたくない気持ちがせめぎ合う。

そして・・・。

ハンターハンター21巻より

なんと、イルミによって頭の中に針を仕込まれていた。

それを瀕死の状況で取り除き、見事呪縛から逃れることができたのだ。

まさか、精神的なものではなく、物理的に操作されてたとは、歪んだ愛を持ったイルミらしい行動。

ハンターハンター21巻より

その後、ラモットは覚醒したキルアに瞬殺されてしまう。

キルアは呪縛から解き放たれたことによって数段強くなる。

ハンターハンター21巻⑨:別れ

ハンターハンター21巻より

パームの気持ちを裏切ったとして、写経のようなものをさせられるゴン

一体、なんと書かされているのかw

それに文句を言うキルア。

ハンターハンター21巻より

容赦なく頭に包丁を突きつけるパームw

マジで危険な女やな・・・。

しかし、キルアは「あんたの包丁なんて眠ってたって避けれる」と全く意に介さない。

ハンターハンター21巻より

ぶちギレるパームw

怖すぎw

自身の能力(占いのような)を使い場所を突き止め、大量の包丁を身にまとい、キルアたちを追い詰める。

ハンターハンター21巻より

と、追跡中にノヴと出会う。

ハンターハンター21巻より

結局、ゴンは知らない間にパームに振られるのだった。

めでたし、めでたし。←

ハンターハンター21巻⑩:スピード以外の能力

街で暴れまくるヂートゥを待ち伏せしていたモラウとナックル。

ハンターハンター21巻より

まだ、人間の強者と対峙したことのないヂートゥは自信満々。

表情にも話し方にも余裕を感じる。

実際、素質は凄まじく、念も基礎しか知らないのにかなり強い。

ハンターハンター21巻より

身体能力の差を知恵と経験で埋めるというナックル。

モラウの能力(煙)で周囲を囲み、不意打ちを食らわせる作戦もヂートゥの驚異的な反射神経で反応するが、ナックルが大量に現れたことで身体が硬直する。

ハンターハンター21巻より

一瞬のスキを突いて、ナックルのポットクリンを発動させる。

怒りで目の前が見えなくなったヂートゥに足を引っ掛け更に怒らさせるw

ハンターハンター21巻より

『絶』にはまだ対応できず、モラウとナックルを見失うヂートゥ。(鼻効かないのかな?)

自分のスピードに絶対的な自信のあるヂートゥは走ってポットクリンを振り切ろうとする。

ハンターハンター21巻より

スピードだけでは勝てない世界があると知るヂートゥ。

もしかしたら、モラウたちは敵を強くしてしまったのかもしれない。

ハンターハンター21巻⑪:ゴンの怒り

NGLでカイトは無事だったと報告を受けていたゴンだが、カイトの変わり果てた姿を見て愕然とする。

ハンターハンター21巻より

どうやら、キメラアントの訓練に使われていたらしく、とある規則性に基づいて動くらしい。

ハンターハンター21巻より

自分たちが作り出してしまった現実にひたすらカイトの攻撃を受け続けるゴン。

それを見守る仲間たち。

ハンターハンター21巻より

過去にカイトに殴られた経験のあるゴンは「本当のカイトの拳はもっと痛い」と知っている。

だから、何発食らおうとも引き下がらない。

ハンターハンター21巻より

カイトを抱きしめるゴンだが、カイトに触れたことで念能力が発動する。

どうやらカイトに触れることで戦闘レベルが上がる仕組みらしい。

ハンターハンター21巻より

ゴンとキルアの気迫を見て、ナックルは何をしたか尋ねるが、本人たちは何もしていないと語る。

何かしたのはキメラアントたちだった。

ハンターハンター21巻⑫:ゴンの本気

モラウたちは、本当にゴンたちを東ゴルトー共和国に連れて行っていいのかを議論していた。

ハンターハンター21巻より

どうやら、ノヴとモラウは既にゴンたちを「立派な虎」だと認めている。

のだが・・・。

ハンターハンター21巻より

ゴンに本気を出させるために、わざわざ一芝居うつモラウw

ハンターハンター21巻より

筋肉すっごww

明らかに体型変わっとるw

しかし、そんなのお構いなく、蓋をしていた怒りを呼び覚ますゴン。

ハンターハンター21巻より

誰もがゴンのポテンシャルに驚愕する。

あ、これヤバいやつ。

恐らく、このゴンの一撃を食らえば、ナックルの時のように気絶では済まないだろう。

しかし、引くに引けないモラウ。(いや、本間死ぬでw)

そこにキルアが「十分だ」と言って止める。

ハンターハンター21巻より

ドン引きするモラウw

こうして、ゴンは正式にキメラアント討伐のメンバーに参加することができた。

ハンターハンター21巻後半 まとめ

21巻では、ついにメルエムが誕生した。

人類最強のネテロですら、護衛軍よりも強いとキメラアントに言われてしまう。

こんなんで本当に人類はキメラアントに勝つことができるのか!?

そして、ゴンキルアはどのくらい強くなったのだろうか?

今後の展開が気になる!

では、22巻で会おう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました